心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

解放。

みなさん コニチワ。

ちょっとバタバタしています。

有難いことにレッスンが入ったり ライブが決まったのでスタジオに入ったり
音楽のことを考える時間があり 気分的にはいい感じです。

でも基本家では 練習もできないし、ラジオがかかっているし
親に話かけられるので自分の思考は奪われます。

自分の場所がほしいなあ・・・この2年 切に思いますね。

20年も 親と離れ生きてきたのもありますが
共有の空間 元気であればお互いに仕事に出るから
一人になれる時間もあるだろうし 母からは着付けを教わる予定でしたので
お互いに利のある同居生活も耐えられるだろう思ってました。

講師の方は 自分が考える空間がほしいです。
トギがいる分にはいいんですよ 早く寝てはくれるから 問題はその後ですね。

8時にご飯を終えたら即布団に入ってぐっと寝るのですが(爺)
私が用事を終える時間(10時、11時)に起きてくるので
独り言に近い話かけが始まったりします。やっと自分の時間なのですが・・・・。

聞いてやらなな と思うけど 毎日同じような話で・・・。
これが年に何回かの話なら何時間かは相手できると思うけどな。

そんな中 今週は抗がん剤治療のため入院です。

病状は、膀胱癌で 膀胱全摘出手術をしましたが
その2年後の今 肝癌3箇所に再発(転移) 腎臓にも米粒大の腫瘍が残っているのでそれの治療です。

いないとなると 病院でバランス食とるわけだし その心配もなく 正直 解放的!


と思いきや、入院中は朝7時に採血があるらしく
 
毎朝7時にメールがきます。

7時にメールなんて アラームのちょい前なんでぐっと寝てるのに
それにビックリするわけです。誰やこんな時間に???!!!と。

メールの内容は 今日の一句と 今の気分と 採血、体温と血圧の報告・・・です。

その後、昼食前に回診があるのか ランチのピークの最中に昼食の報告・・・・(-o-;)と
回診の内容を書いたメールが2回ほどきます・・・・。

ちっとも解放されません。


7時にメールで起こされるので(下手すっと2回来る) 毎夜11時には眠くなる。 
洗い物も、バランス朝ごはん&昼ごはんの準備ナシなので 
いつもより早く用事を終えられて自分の時間なのに 眠くて頭が機能しません。

でも 爺さんが入院中の方が トギは断然大人しいのです。
比較的聞き分けもよく お手伝いもしてくれるし 寝入りも早いです。
まあワガママ言って泣いてグズっても すぐ立て直そうとして反省もする。

用事が少ない代わりに 私も遊びやらドリルに付き合う時間があるからかな?

病気は不憫ですけども 気の廻りというものの影響を受けている そんな気がします。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/14(木) 00:23:17|
  2. 家族のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また一難


明日から爺さんがまた治療のため入院です。
本人は動けるので特に私がすることは 婆さんの様子みにゆく以外ないのですが
医師の話を聞く予定が息子インフルエンザのため 
説明の日に連れてはいけず直接聞けてない。

肝臓に再発(転移)ですが 最初に検査を受けた 3つの腫瘍というのは
MRIとエコー再検査をした結果では 5つ以上と なっていました。

3つを切りとるのではなく 2つをラジオ波の電極メスで切りとって 
後の残りは抗がん剤治療 ということになるそうだ。

ヘモグロビンの値がよくないので輸血が必要となったり 高熱が続いたり
いいことなしの抗がん剤治療でしたが また。。。大きな峠が。

今日入院の署名などを見ていて 爺さんの実母(つまり私の祖母)
が亡くなった時の年齢と 持病の有無を書く欄があった。
爺さんは育ての母に育てられたので覚えてない と言ったが、
実母は結核になったため離縁となり、亡くなった後無縁仏に入っていた。
献体した大学から連絡があって引き取った時 私も一緒に行ったが あれは中学の時やったと思う。
報告書がついていたから亡くなった日は書いてあるやろう といい報告書を出してきた。

で 見ると 誕生日も書いてあった。 

大正だったが 8月24日 だった。

へえ トギと一緒か。。。偶然の一致?

と爺さんと2人で感心しながら 紙を見つめた。

その後 爺さんの大事な大事な仏壇のサッシ部分を 
またいたずらで指で穴を開けて 私を横目で見ながらやっていたために 
運悪く見つかってしまい、私にひどく叱られる息子。

仏さんをいじられると いつも かなりの剣幕で怒る爺さんだったが 

自分の実母と この孫が同じ誕生日 ということを知ってか 
その紙を見つめた直後だったからか 珍しく怒らなかった。

(まあ 私が激しく怒ったから かもしれないけど)




手術の後、抗がん剤治療。明日からおそらく2~3週間。乗りきれますように。


  1. 2011/01/30(日) 23:35:04|
  2. 家族のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

親の姿

爺さんは 膀胱と前立腺、リンパ節を摘出し 1年5ヶ月経って
先月の検診で肝臓に転移していることが発見されたので
今月末また入院 ラジオ波熱の電気で腫瘍を焼き切る手術をする。
一ヶ月前の検診は異常なかったのに いきなり2cmもの腫瘍が3つも
あって かなり落胆してる。リンパ節も取ったのに。。。
運動もやってるし 睡眠もとってるし食事も野菜食べてるのにと。

食事は 実際は漬物とうどんばっかりで 健康食みたいなやつ
作っても作ってもうどんの具にされ、しょうゆをどっさり入れて自分流に食べたがるので
もう何も言ってない。時間も不規則に食べます。
言ってきたけど全然聞かないしイライラしたくないから 
今も作ってるけど私ももうヤイヤイ言わなくなった。

・・・アカンのかな。言わないと。

先日 献体の申し込みをしたと思われ、封書が届いていた。
自分の死を間近に意識しながら 友達もなく 妻も不自由な体となり、
生活にも余裕のない毎日を暮らそうと思うとやるせないだろう。
献体は婆さんが病気になる前から希望していたので 
2年前にもう命危ないです状態で医師の説明を受けた時
取り寄せをしたけど 本人の承諾のサインが必要で それって
「もう死が近いからサインしといてよ」 
と言う事になる と思いとても言えなかった。

今まで本当に問題ばかりで頭を悩ませてたのが 親だった。

親といい関係にある人や 親の助けを何の気なしに利用している人を見ると 
子供は親を選べないんよな なんて思ったりしてた。

それでも今 死んでほしいと 思ってるわけじゃない。

その生き方をみて 生活を正そうとしてる自分がある。
人が感じない部分で ものが見えるときがある。
親の姿が これからも親やってく私に考えを与えてくれてるんかもしれない。

憧れるような親じゃないけど 親から学ぶことは多い。

最近 少しそう思うようになってきた。
  1. 2011/01/24(月) 22:56:52|
  2. 家族のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バタバタと

ライブの報告はまた 写真の許可が出たらアップしますね。

以下、年末年始にかけての 爺さん 婆さんの様子です。 [バタバタと]の続きを読む
  1. 2011/01/12(水) 23:26:17|
  2. 家族のこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

家族と新年


毎年2日に姉家族(子供三人と姉夫婦)が来て すき焼きをするのが恒例。

今年もやってきた。1時ゴロに始まるが私は毎年作り手でずっと台所。
サッカーのコーチをやってる義理兄は サッカーを観戦しながら爺さんと姉ちゃんと話してる。

あちらの子達の好き嫌いなどがあるので 間違いなく食べるものを作る。
唐揚げ&フライドチキン・サラダ・漬物 それとおせち。

やぱり 三人子供いたら唐揚げの減りが強烈だった。
もも肉を四切れ(たいて二切れずつでパックされて売ってる)、手羽チキン10本 あっという間。

ずっと栄養バランスとか気にしてなかった姉夫婦が
検診を受けたらしくて カロリーを気にするようになっていた。
糖尿食を作る立ち場やった私に味付けとか バランスの相談について
ちょくちょく姉からメールが来たりしてた。
婆さんが倒れ、爺さんが倒れ 食事の見直しを考えた方がいいと思ったからだろう。
30代、40代、のしわ寄せが50、60代に来る。
親である身は子供の将来を担うんやから 考えないといけない。

人が来て食事を一緒にするのは好きだ。
作るのは忙しいけど昔から 人が集まる家っていうのが理想だった。

上の甥っ子はゲームっ子なので ゲームをやって食事を待ち、終わったらゲームで遊ぶ。
今の子達は ゲームを中心に会話をする そんな感じなのかなあ。
私が三人も大きい子がいたら たぶん料理や片付けを手伝わせているだろう。

まあ 私の子じゃないし姉夫婦が家族で顔を見せにやってきて
爺さんと話しをしてくれるだけで意味あるし それでいいんだけど。

*******************************

今日(4日) 婆さんを見舞いに。
クリスマスに 血圧が40-110 に下がり
低血糖に陥って砂糖を与えられていた。
200になったり40になったりと数字を見るとすごいが 
なんとかまた持ち直して普段の生活に戻っていた。

施設では 子供を嫌う入所さんがいて 露骨に嫌味を大きな声で言われるので
あまり息子を連れて行きたくないけど 正月だし顔を見せてやりたいと思った。

行ってもたいてい~30分でしんどくなって車椅子から
ベッドへ移動して眠りについてしまうことが多いので
あまり長居はしないし その方が息子が退屈せず、周りにもいい印象を与えられる。

今日はお風呂の日だったので 介助を少し見て帰った。
今まで いろんな介助はみているけどお風呂は大変そうだ。。。
軽いおばあさんは お姫様抱っこで移動していたけど骨折の心配もありそうで 
下半身こぶとりの婆さんを自宅で しようもんならもう大変なことだ。
血圧の問題もあるし 施設に頼るほかない。

ストレスいっぱいのようだけど まだきちんと会話ができ、記憶もしっかりしているのは
婆さんの病状からすれば ものすごいことなんだろうな と思う。

クリスマスには冬用のパジャマと腹巻をあげた。
やっぱグンゼは日本のお年寄り向けによく出来ている。
サイズも使い勝手も柄も気にいったらしく すごく喜んでいたので よかった。

息子のクリスマスにたくさんステキなものを友人からいただいたので
自分はこのまま ごまかそうと思ったが 
少々しんどい日も保育園に毎日8時間も行ってくれてるわけだからやっぱり買った。
音の出る本。意外と当たりらしく毎日遊んでる。

甥っ子達にもお年玉 けっこうかかる。
でもなんと今年は 姉夫婦からお返しが返ってきた。
トギの封筒に1万円!期待してなかっただけにちょっと助かった。

毎年 この時期に思うけど 親でいることも 
娘でいることもお金のかかることやねんなあ。

まあ 年に一度のことだし 家族にできるだけのことするんやから罰は当たらないよね。
  1. 2011/01/05(水) 00:20:30|
  2. 家族のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな