心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年のライブ終わった。

心配してたライブが終わった。

練習不足の中 半分以上が新曲。

記憶力に限界があった。ポップスは詞が長くて困る。

ボイトレもやっつけだった。

ボイトレを楽しんでやっていたヤツがいる。

ねーねーねーねーねーい♪

えーいーあーおーうぅぅぅぅー♪

ひーっ ひーっ ひーひーひひひひひーっ♪



体も左右に振ってノリノリ。

こりゃいいや!と一緒に声出しするも


ママ、うたアカンの!


やめて!


続けてやると泣かれる羽目に。

子持ちのシンガーのライブ練習なんて こんなもんです。

[今年のライブ終わった。]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/12/30(日) 22:49:35|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

When your life was low

When your life was low
You had nowhere to go
People turned their backs on you
And everybody said that you were through
I took you in, made you strong again
Put you back together
Out of all the dreams you left along the way
You left me shining

Now you're doing well from stories I hear tell
You own the world again
Everyone's your friend
Although I never hear from you still it's nice to know
You used to love me so when your life was low.

Always remember my friend
The world will change again
And you may have to come back
Through everywhere you've been

You used to love me so
You used to love me so
When your life was low

Don't you remember...When your life was low
Can you remember...When your life was low
Do you remember...When your life was low

どうしようもなく傷ついて 身も心もボロボロになったとき

そこから這い上がって また新たな世界を歩みはじめたとき

心の奥の方に響いて 今も響いているのが この曲だ

いつか自分に余裕のある生活ができるようになっても

聴いてゆくであろうと思う



Lalah Hathaway が歌ってます。この人の声に惚れているチエコです。


  1. 2007/12/23(日) 00:15:49|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファンレター

あるアーティストの myspace official page を見ていて 
ブログの購読者になるためにメッセージをつけてフレンドリクエストをした。 

つたない英語で

「あなたを初めてみたのは 1991年ののJazzのイベントで
ワタシは当時 ケータリング担当でバックステージにいました。
その時以来 フユージョン というものを 聞くようになりました。
応援してますので がんばってくだサイね。」

という単純なファンレターだ。 37歳 ミーハーな私。 

一人酒の力。

そしたら・・・・・・承認とメッセージの返信もあった。

こっちのプロフィールを読んでくれたらしく

I hope all is well..hello to your son!

とうちのフサフサ坊主にも言葉が加えてあった。

そのイベントがきっかけでFusionをよく聴くようになり
今ではその人は好きなアーティストの10人に挙げられる。

だからとても嬉しい。

1977年から1992年まで続いた 野外Jazzフェスティバル。
私がお仕事に参加できたのは 2年(2回)。
その年の映像(東京の分だと思う)がこれ。

この曲をなくしてこの人は語れまい。

そのイベントはバックステージの仕事の中でも特に印象に残ってる。
Jazz好きなお客さんのコアなノリ(ノッてる人 と 反対にうなだれてる人)と
アーティスツのあのファッションセンスはどうだろう?と思った事は忘れられない。
※もちろんこの件はご本人にはお伝えしておりません(笑)

近年 トレードマークはハット帽になっただけど
あれは尊敬するJazz Playerに敬意を表したスタイルらしい。

そこではいろんな人がたくさん承認されているのだけど 
メッセージの返信もくれるのは嬉しいね。

  1. 2007/12/22(土) 00:35:18|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブの追い込み

年末のDuo ライブまであと10日をきりました。

親子で風邪をひいていたし 息子も昼寝をしなくなったので 満足に練習できてません。
なのでひたすらリハ音源の聞き流し。

自分の出来はともかく とても役に立つ音源で
打ち合わせもそのまま録音されているので 
構成の変更なども 後にインプットできる。

しかし 悲しいことにその音源が

「このボタン押したらママ怒るんやろ~知っているよ僕~」 という小さな野望によって

ERASE

---------------------------------------------------

Erase [動](他)の意味はコチラ ↓ Yahoo辞書より抜粋

1 〈文字などを〉(黒板・紙などから)ぬぐい消す
〈黒板・録音テープを〉消す, 消磁する

2 〈氏名などを〉(リストから)削除[抹消, 抹殺]する
3 〈データを〉消す, 消去する.

4 〈効力・利益などを〉無にする;帳消しにする.

5 …を(記憶から)ぬぐい去る, 忘れる

-----------------------------------------------------

ただでさえ 練習不足と感じているのに 音源まで削除された
その激しい怒りが本人に向けられたことは 言うまでもございません。



ライブは10日をきりました。
  1. 2007/12/22(土) 00:18:16|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲッソリ

体調・絶不調でした。(私)

【火曜】
夜明け時に目覚めて 嘔吐を繰り返し 飯を喰えず
首筋にジンジンゾクゾク オカンが、いや悪寒が走り
立ち上がれずに一日が過ぎ 寝たら治るやろうと子供を誘いこみ早めに寝て

【水曜】 
起きたが気分がすぐれず いちご を少し食べたが
めまいと耳鳴りがして ちょくちょく横になる。
デ七はんの買ってきてくれたポカリだけが異様に美味かった。

【木曜】 
になってやっと御飯つぶがいただけた。
2キロほど減。食欲は細い。でも回復の兆し。

風邪かな。

え 風邪?

咳は?鼻水は??

何やったんだろう?
まさかこの後突発性湿疹じゃ・・・

さて息子は 2日間 意味不明に寝転ぶ母の上にジャンプしてみたり

でかいぬいぐるみを投げ込んだりしてました。

怒る気力も怒鳴り声を出すエネルギーさえもなく、

ああ なぜだ なぜオマエというやつは と心の中で嘆き

でも立ち上がっていいおかず作ってやれないので 前日のおでんを口に放りこみ

ああ 君が小食なオトコでよかったと 心の中で感謝もした。

いや いかん もっと食べなさい。 
最近は食べることより 遊びに興味がいっておる。
そして余計な言葉ばっかりを覚えてゆく。
(親のボヤキとか 祖父母の夫婦喧嘩とか)

明日はお客人が来るから作る いいもの食べさしてやらねば。
  1. 2007/12/21(金) 00:01:46|
  2. 日記とか
  3. | コメント:4

The Isley Brothers

ソウルミュージック好きを加速させてくれた バンド The Isley Brothers 



日本人の間では アメリカほど知られてないバンドなので
人に「音楽は誰が好き」と聞かれて 答えても 反応がない。
このド派手でエッチで熱々なステージを
恥ずかしがりやの私達ニッポン人も 機会あれば一度ご覧あれ。

後半に出てくる アンジェラ・ウィンブッシュは 
ボーカル ロナルド・アイズレーの嫁さんです。美しい。
嫁さんも 音楽プロデューサーでシンガーです。

Brothers 名のとおり 兄弟やいとこで形成されてきたこのバンドも
今残るは弟でギターの アーニー とこのボーカルのロナルド だけ。

1950年代にはボーカルグループとして活動。
今2007年です。57年現役!スゲー

◆はじめ3人でドゥ・ワップなど
ロナルド、(現・ボーカル)
オーケリー(1986年 没)
ルドルフ(現・聖職者に)

◆後に3人加わり ファンクバンドへ
その後 3人を加え ファンクグループへと変貌を遂げる
アーニー(現・ギター)、
マービン(現・糖尿病で足を切断のため脱退)、
クリス・ジャスパー(いとこ ソロ活動中)

名物はボーカルのロナルド節「ナナナナナ~ナ~ナ~♪」
その昔 ジミ・ヘンドリックスが 無名時代にこのバンドで経験を積んでいました。
そのジミヘンの影響を大きく受けてきた アーニーの泣きのギター。
私はこの人のギターの音色が好きです。

ソングライティングも素晴らしく 一体この強面のオッサンの
どの部分からこんな美しくて哀愁のあるメロディが浮かぶのだろうと思う。
泣きのギターが 細く深くその傷にしみ入るよう。
アレンジ力をとっても オリジナル曲の魅力を引き出しつつ さらに深みを増す。

ステージは ダンサーがいて基本的にエッチな色合いです。
そこそこ恋愛を経験した大人ならムフフと思う場所もある。

自分でバンドを始めて この偉大なバンドがミュージシャンの間で名前すら知られてないので驚いた。
日本てアメリカの影響を受けているけど ミーハーな部分だけなんだ。と思った。

今回 You tubeでライブ映像を上げている。
でも最近のライブでお年のせいか 声があまり拾われてないので
興味ある方は是非 CDなどでまずそのサウンドを耳を傾けて聴いてみてほしい。

ベストでもよいけど 「3+3」が私は好きなのでおすすめ。


ファビュラス!アイズレーブラザーズ





  1. 2007/12/17(月) 01:50:38|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

60 曲のライブ

1月のバンドField of TAO

関連記事 ココ とか ココ

残すところあと1ヶ月くらいになってきた。
たくさんいるとプレッシャーが少なくて済みます。
それまでに年末 12曲 ソロライブがある。そっちの方がすごく心配だぞ!

バンド名 TAOには 意味があるそうです 
その秘密は私はまだ聞かされてません。

TPO (Time Place Occasion)にちなんで 
T体脂肪の A厚い Oオッサン達)なのでしょうか。

本当の意味を知るのが楽しみです!

総勢27人のバンドには 初めて楽器を演奏するという人もいれば
プロもいて 私のようにそのどちらでもない人もいる という。

みんなの境目を目立たなくしてくれているのはそのプロの方々ですが 
初挑戦の人はそのプレッシャーや不慣れさでチンチクリンになりながらも 
その目は真剣なのです。

ミュージシャンの世界には 
演奏が上手くても ドタキャン、遅刻、ど忘れ 常習の人や
連絡の返信さえしないとか、参加はするけど全く協力する気がないとか
スタジオに女を同伴してくる外国人ミュージシャン
(大して罪じゃないんだろうが 気が散るのでうざい)
私の中では音楽や共同制作する上での普通のマナーなんだけどなぁ。
その当たり前なことを 才能とかけ違えて怠る人がいるんですよ。

でも この大所帯のバンド Field of TAO 
誰もが その一日の本番を楽しむべくその輪を大切にしていると感じる
素敵な空間で27人もいて 仲たがいすることもなく 楽しいんです。

からみ酒の人がいてもお昼ですから(笑)
そしてなによりも演奏をしなくてはいけませんから(笑)

みんなで呑みたいなあ。

頑張ります。

1月14日 ヒマな人 Big cat 是非来てね。 4時からです。

  1. 2007/12/17(月) 00:11:17|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ike Turner~R.I.P~

アイク・ターナー氏が12日 サンディエゴ自宅で死去。76歳。

アイク&ティナは ロックンロール界ではパイオニアとされている。

低音ボイスといえば アイク (バリー ホワイトも捨てがたいけど)

もう76歳だったんだ。

元妻のティナ・ターナーは アイクの出演するクラブに通いつめ
歌でアイクのお目にとまって 以後 フォーリン・ラブ 一躍スターとなった。

映画「What's love got to do with it 」から

アイクの配役は ローレンス・フィッシュボーン Laurence Fishburne。

あのステージングは 歌い手ならば一度は目にするべき価値のあるステージです。

今年のグラミー賞にも名前出てましたね。
ブルース・アルバム賞でしたか。

薬物の使用や女性問題 家庭内暴力などでプライベートにいい話題がありませんが
偉大な功績を残した ミュージシャンがまたひとり他界しました。

合掌。

こっちは本物映像。

  1. 2007/12/14(金) 00:46:05|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

先住民にとっての感謝祭

以前のブログをお読みいただいた方、すみませんが内容は重複しています。

日本ではあまり馴染みのない「サンクスギビング」。
アメリカでは「感謝祭」と題する盛大なホリデー。

この日を過ぎたら クリスマスを祝う準備に入るそうですね。

今でもアメリカやカナダの家庭では、
ターキーなどの伝統的な料理を並べ、
家族や親類みんなで様々なことに感謝を捧げる日としています。
子供の小学校などはこの日をはさんで数日間はホリデーになります。
ほとんどの職場やお店もお休みになり、テレビではホリデー特番が流れ、
日本の大晦日や元旦のような雰囲気があります。

しかし 伝説の裏にはこんな悲劇も伝えられている。
『サンクスギビングの歴史について調査しているときに、
代々何世代にもわたって口承で伝えられてきたこと』

アメリカに着岸したピルグリム・ファーザーズ(イギリス初の入植者)
は厳しい冬に耐えられず、病に倒れた者が多かったそうです。
その彼らを心よく受けれ、食糧の採集方法や、農作物を栽培方法、
そして収穫物をどのように保存するかなど、
この大陸で住んでいくための術をこのヨーロッパ人達に教えた
ネイティブアメリカン(アボリジノ)であるワンパノアグ族。

今日、そのワンパノアグ族は、Massasoit酋長が死んだあとに
何が起こったか、アメリカ白人達に思い出させようとしている。

1676年、Massasoit酋長とワンパノアグ族が
自分たちの祖父や父親達に施してくれた恩恵に”感謝”の意を
表すかのごとく、ピルグリム達はワンパノアグ族の武器を
取り上げるため何らかの口実を持ち、銃や剣や大砲や点火棒を振りかざし、
ワンパノアグ族を襲った。ほとんどのワンパノアグ族が虐殺され、
Metacometという名のMassasoit酋長の息子の妻とその息子は
西インド諸島に奴隷として売り飛ばされ、
Metacometの遺体は八つ裂きにされた。

それから25年間、Metacometの頭蓋骨は槍の先に突き刺され、
白人達の村に飾られた。
ピルグリム・ファーザーズの本当のレガシーはこんな裏切り行為だった。

今日のアメリカ人のほとんどが、サンクスギビングは大収穫に感謝することだ
と思っているが、そうじゃない。(注:過去の米国大使館のニュースも参照しました)

1970年までに、ワンパノアグ族は植民地の統治者が発行した
サンクスギビングの声明のコピーを発見し、
その内容を見て恐ろしい事実が発覚した。
植民地の武装集団達が原住民の村の男、女、子供達を虐殺し帰ってきた後、
植民地の統治者はこの大虐殺に感謝するための祝日と祝宴を宣言した。
そして、統治者は他の植民地にも同じようにするよう提言した。
言い換えれば、毎年秋の収穫時が来たら、インディアンを殺して、
祝宴をあげようということだった。

その言い伝えを受け継いできた
プリマス植民地のワンパノアグ族は、他の多くの東部民族と同じく全滅して
これらの部族は今となっては名前しか残っていない。
他の部族に避難できなかったワンパノアグ族の中には
当時の黒人奴隷や自由民と結婚して生き残った者もいる。
子孫を抱えながら、奴隷になることを余儀なくさせられるということは
想像しがたいことだが、インディアンの中にはそうせざるを得なかった
部族もいる。そうした末裔達の言い伝えだそうだ。

Russel Means 氏のウェブサイトを抜粋
過去の米国大使館のニュースも参照して、文面をなるべくわかりやすくして編集しました。

国民の偉大なホリデーの裏に 歴史さえ揉み消されてきたアメリカ。

先住民の間では一般的には祝われない感謝祭。 
けれども逆にこの日を重んじるため 祖先を偲ぶための
賄いはされるところもあるようです。




  1. 2007/12/14(金) 00:03:39|
  2. 世界の話題モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

え?なに?

先日 Dora を見てました。

見慣れた番組で ストーリも分かりやすく スパニッシュもあり
いつも起きた時間にやっているので ほぼ毎日眺めていた私達。

英語に張り切っているので 本来好きな言語のスパニッシュは断念。

そこへ息子が 突然

トーレ シンゴ サンタ シーテ オーラ ウーチョ 

と Dora が数を勘定するシーンで 一緒に叫んだ。

トーレ シンゴ サンタ シーテ オーラ ウーチョ?

ウノ ドス トレス クアトロ シンコ セイス シエテ オーチョ
が正解です


記憶力の鬼である息子さんが ひとつも合ってなくて 笑いました。

サンタってさ クリスマスだからね。
そしてシンゴってさ 友達だから。

うん まだ間に合うかな スパニッシュ。
いや 今のあたしにゃ無理すぎます。

ま、数と色くらいはね 分かるんでやっとこ。

日本語の習得は1回でOKらしいので 英語をと思って
ひらがなやってなかったんだけど パズルをひとつ100均で買い
やってたら ハイスピードで覚えてく。

電車の名前でね。

恐るべし鉄男パワー。

  1. 2007/12/13(木) 01:02:04|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パーカッション

歌の時 どこみて歌いますか。
迷うでしょ。

ピンスポあればお客さんの顔見えないからライトに向かって
歌っちゃいますが。

バーで歌うときとか お客さんの席は異様に近いし 
絶対にボーカルを見るやないですか。当たり前か。

あー まずい 今とちった!
とか顔に出せないわけですよねん。

私 最近はなんとか顔見て歌えるようになってきました。

でも間奏の時など 頭振ったりしない音楽をやる私としては
パーカッションが丁度いい感じなのです。

いろんなもの持ってます。
タンバリン、マラカス、トライアングル、鈴、その他もろもろ。

これのひとつもろくにできませんがね。

で、数日前にカホン・ジャンベの嗜み方 って番組を見て
やっぱりリズム楽器って素敵だ と思った。
今まで歌が煮詰まったら ドラムの練習をしてきた。
以前に控えめに書きましたが、ドラムを習っていましたので。

電車の中 テレビを見ながら 常に太もも叩いて練習した。
だから カホンのテレビ見ててすごく新鮮で そして懐かしくなった。

しかしながら 歌いながら叩いたり マラカス振るのはできない私。

楽器に限らず どんなことでも ふたつ一度には出来ない この性格。

器用になりたいなぁ。
  1. 2007/12/13(木) 00:22:48|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

凹む

音合わせに行った。

2回目で次は本番、年末がライブで ピアノと2人のDuoです。

いつもスタジオ録音しますが

今回も前回も息子からいただいた風邪で満足に声も出ず  

やっと歌詞を追えるようになったのに 鼻声で

へこへこで 録音を聞いた私。


もうそれは5~6年前のレベルで凹んでます。

非常にサブいです。風邪のせいだと思いたい。

ダメですよ こんなんじゃ。

難しい曲ばっかりの上に 歌 ソロですからね。

前回のライブは聴くに耐えない状態じゃなかった(マシだった)のに

今回のは凹みました。


いかん 今息子の重い風邪を 頂戴してしまって

自宅ボイトレもストップ。

風邪の時は絶対に無理に声を出さない、これあたしの鉄則。

そんな日々だというのに


コラーーーッ!!!!オマエはまたぁ!
これ何回目やぁ!!!ばかたれー!


いかん、また息子の悪事に大声を張り上げている・・・・



凹む。
  1. 2007/12/11(火) 22:01:10|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それは違うだろう

爺も婆も4人目の孫にデレデレ。

祖父母にみてもらう場合は甘やかされないように
常に叱る立場になるのは私。
甘えられる相手には十分に甘えて可愛がってもらっていい。
目についたら 私は爺さん婆さんにも言うし
何故か私の言うことには素直に聞く うちの親。

この前目についたこと。甘えとかの問題ではない。

爺さんも英会話が好きであり 
婆さんは苦手だが教えるとカタカナ英語が入ってないので
発音を上手に真似できるものもある。

が、先日は 食事の際 
トメイト食べるか だの ミソスープ飲むか だの
わざわざ英語意識して言っていた婆さん。ところが、

「これは?これどうや、ナンプキン、ナプキンか これ 食べ」


ナンプキン、ナプキン????


それはたぶんパンプキンですよ。

それは違う、違いすぎる。

ナプキンはまずいでしょ・・・・・・・・・・・・・・・

そんなうちの両親は年のわりに元気だ。

しかし 時折こーゆーリアルボケに涙する私です。

  1. 2007/12/08(土) 23:21:42|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

男の闘い

英語のスクールはダメダメだったが 

いずれは仕事が始まったら どこぞの園に行くことになるであろう。

それまでは鉄男生活だ。

例えば一日中DVD とかで電車見てたって 嫌って言わないんだから。

(親は飽き飽きです!でした。最近は適当に楽しんでます。)

ところで 今日はチャリで鉄男にすれ違った。

JRの高架を行き過ぎる 「はまかぜ」 を久々に見た息子。

はまかぜや! と流暢な大阪弁で叫んだ

そのすれ違いに 同じように 「あれ はまかぜやで」とチャリを漕ぐ父親に

説明していた子がいた。それを耳にした我が息子はすかさず

ディーゼル特急はまかぜ モクモクや!


こんなとこでも闘えるなら 英語のスクールで余裕だったろうに?

君の知ってる単語と言い回ししか出てこんかったはずや。

そんな鉄男は最近レール遊びは当然ながら 粘土に夢中。

必ず親と喧嘩になるものばかりをやりたがるのは何故。

おしえておじいさん。

  1. 2007/12/06(木) 23:12:17|
  2. 息子の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語のスクール

今日は英語スクールの体験レッスンへ行った。

そして その様子は・・・・・・・・・・ [英語のスクール]の続きを読む
  1. 2007/12/06(木) 22:05:55|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブの準備・・・・

反抗的で困る今日この頃。

姉にメールをした。悩みの詳細を書いて
「こんなに反抗するのは普通なんだろうか」と意見聞いてみた。
子供3人 一番下は5歳の男児を持つ 姉から返信・以下コピペ

「あはは さらに反抗的になってくよ・怒って近くにある物や私とかを蹴ったりする・
やり返しても応えてないしホント真剣に腹立つ時ある!!」

はぁ~ さらに反抗的になるんやて。
目をむいて怒ってしまう自分にももううんざりやのに。

いたずら時の落差が激しすぎて怒る時は大爆発のあたし。
こんな親で大丈夫なんやろうかと思う。
悪事は 毎日、毎回繰り返すし 妙な行動も多い、

何よりも特にこだわりのなかった以前に比べて
自分の見たい、聞きたいものが最優先であり
私の音楽の練習材料をかけると消されるのが腹立つ。
または 違う歌ボタンを押して大声で歌いよる。

昼寝しないんやから 練習できん。
寝た後には夜やから 声出せん。

この時間に小声でこそこそ歌ってる私。
イメージトレーニングばっかり。
30日の Jazz duo ライブまで あと1ヶ月をきった。
1月のビッグバンド ライブまで あと1ヶ月半をきったぞ。

がんばろ。
  1. 2007/12/02(日) 23:09:41|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

演出。

最近たてつづけに英語系の子供イベントや 体験レッスン 
プレイグループ に参加してる。
 
1年半前にサンプル教材をもらっただけで  
「自宅で使ってるのでどんな教材か見たかっただけで買う気は今はありません。」
とはっきり言ったけど 丁寧に案内がくる。
他社の教材勧誘の電話は失礼な受け応えばっかりだったが
ディズニーはとても感じがよい。
行ってもホントに勧誘されないのでいい。
今日のディズニーの講師がとても綺麗で可愛くて 良かった。

けど実際教材のサンプルは好みじゃなく
無料イベントに行くたびに「やっぱり買わないぞ」というい気持ちが増す。
そして家で機械に向かって学習するより
言葉は人と直接接して学習してほしいと思う。  
私はレッスンはなるべく男性講師を探そうと思ってた。
なんで男性を探してるか て言うと

あまりいい女性講師だったら 

母の順位が下がりそうだからdeath・・・


講師は子供に対して楽しさを演出しなくてはいけない。

この辺のところは ライブをすることと 全く同じ感覚かも。

しかも自然に演出しなくちゃ。


人前で歌う=楽しさを演出=お客さんがのってくれる
→またライブを見に来たいと思う。

でもけっこう派手ーなパフォーマンスをしてはじめて
自分が期待する反応の3分の1が返ってくる。
歌詞を忘れんじゃねーか 音をはずすんじゃねーかという不安の中(笑)
大げさなアクションでなくては ホントにミスった時に
チンチクリンボタンを押されてチンチクリンになりますから。

お客さんが楽しいと思ってくれると 自分はもっと楽しい。

子供の語学も 楽しまなくては続かないものだ。

大きく 楽しそうに 分かりやすく 寛容に。

母業やってると 怒ってばっかりだから 
こうやって 他の教育者に会うのは とても参考になる。

  1. 2007/12/01(土) 23:23:12|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

子供イベントへ

ディズニー教材が企画した無料体験イベントへ行ってきた。
ヒマやし 英語を習ってる子供達と遊べるんやったら いいと思って。

家でのあの元気を是非外で発散してほしいしな。

ところが

ずっともじもじ。ずっとぼんやり。

口数はいつもの10分の1、
絵に描いたように座っているいい子ちゃん達の中で一人
テレビの画面操作ボタンを触ろうと講師の周りをウロウロ。

ステッカーとかもらえた時だけ張り切っていたが
あげくの果てには メエメエを握りしめて 抱っこを要求。 
私の膝上でうつ伏せに寝転び まるでやる気なし。

内容は普段 耳にしていることとか
もっと分かりやすいことばっかりだったけど
ずっとジメジメしていた。
しかしイベントが終わりに近づいてきたら
元気を取り戻し
 走り周り、いろんなものを物色、
子供達にも近寄りだした。

でもここでも気になった スタッフと親御さん達の目。
息子が何かを英語で答えたら 「きゃー♪」 っと黄色い拍手が。

つけあがると困るからちやほやしないでおくれ・・・・
他のみんなも同じように答えてるんだから
他の子と同じでいいんだよと 思いました。 

注目してもらって 言うのもなんだけど。

[子供イベントへ]の続きを読む
  1. 2007/12/01(土) 22:29:57|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな