心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

好反応。

テレビ、民放はみないので 子供番組をほとんど知らない息子

        と

日本の人気番組もほとんど知らない私です。



一応ケーブルは入っているので その中でですと

最近はトムとジェリーが好きみたいです。
セリフが少ないし言葉使いの皮肉もなく、絵だけでストーリーと笑いを展開するから
子供に分かりやすいのでしょう。

私 あの絵面は好みじゃないけど 本当によくできていて字幕が必要ないので楽しいし好きです。 


で ウロウロ用事しながら見てたら息子一人バカうけしていたので何かと思い、チェックしたらこれ。

コマーシャルでした。


世界数え歌。


日本語版。

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=48654

英語版。

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=215184

コマーシャルの間に流れるので日本語版を聞いてますが オモシロイ。

(せっかく英語耳にいれとこうと思ってこうやってテレビを見ていても
コマーシャルの音は日本語でボリューム最大で普段はイヤにはなりますが)

私 高校の必修で地理専攻だったので 地図系のネタは好き。

こんな歌があるとは 楽しいではないか。



なんて思うのはヘンテコりん親子だけでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2010/01/29(金) 00:10:06|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すきゃん。

ホームページを作るにあたり、カメマンだった頃撮った写真を載せようと思って
プリントからスキャンしたりしていたが ポジフィルムが山盛りあった。
ある程度、作品は会社でプリントさせてもらえたりしてたんだけど
あまり会社でたくさんすると悪いし、お金がないからプリントしなかったものだった。

プリントのスキャンはご近所のママにお借りし、おまけに年賀状まで刷らせてもらったのだが
プリント~スキャンした分 それだけでも70枚もあった。
で それは今HPにアップできるように処理がなされていっている。

そんな話を マブダチのまり助さんにしていたら 
ポジのスキャンをできるシートとスキャナを 貸してくれるというので借りることに。

設置にあたってはかいねはんにも来てもらい 使えるようになった。
まったくコンプーター関係は それにつおい友がいなければ 
新しい機器の使い方などは何も分からない私です。
まり助さん かいねはん お手数をかけましたです。

ずーーーっと眠ってたポジ。

ポジフィルムってのは ネガと違って 反転に写らず、見たままの色で透過光を通して見れるもの。
明るい電気にかざせば見れる。でも35mmで撮ったフイルムが小さいので 見れるけど見にくかった。

で、今回スキャナに通すと拡大で見れた。

ほんの30枚くらいやるつもりが、この際 ファイルに入れたくなって

どんどんやってくと 気がつけば140枚。

大して上手くない 誰かを感動させられるものでもない。

けど 自分が行った場所の記録として残っているフィルムは
自分の瞼がレンズに、瞬きがシャッターになったようなもので 
その時の周りの情景も記憶として残っている。

さて これからその画像をスキャンしたときに埃がのったりしてるのを取り除く作業が待っている。

すごい面倒な作業だ。この140枚が終わらないと 
ホームページはアップできないのだろうかと思うと一体いつになるやら・・・・。

でも長年眠っていた作品達が日の目を見るときがやってくるので頑張ろう。


 
  1. 2010/01/26(火) 01:07:04|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サヨナラ、メエメエ。~その後。

メエメエを無くして2ヶ月。

2週間くらいで 「メエメエいなくなっても大丈夫」と言う様になり、
息子も男の子だから ガーリッシュな趣味からたくましくなってゆくのね。

とどこか寂しさを感じながら 私も可愛かったメエメエを忘れようとしていた。

1ヶ月を経過したあたりも 

ブロック遊びではつい「メエメエの家を作るねん」と言ったり
電車遊びで 「誰と電車に乗りたい」と聞かれると「チエちゃんとメエメエと・・・」とつい口走る息子で
「あっエルモに・・・」と代用してみたりはしていて 
夜もエルモやらアンパンマンやら手当たりしだいに持って来る日と 
腕枕をしてワタシの頭を抱きしめて寝る日とあったんだけど

もう大丈夫かなあ と思って

「メエメエいなくなったけどもう大丈夫になってきた?」って聞いた。

すると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メエメエのこと大好きやったのに
ダイジにしてたのに
車にひかれてないかな
だれかゴミ収集車にポイしたかな
いま ひとりぼっちかな
トギ、ママ って泣いてるかな

と悲しいキモチをたくさん毎日言うようになった。

大好きやったよなー うん わかるよ。

あの日もトギは悪くなかった。

ちゃんと「トギもってたらおとすから」とワタシに渡したのだから。

本当にダイジにしてたのだ。

メエメエのためやったら何でも言うこと聞いてた。


小さい頃からの写真にメエメエは常に手に持ち、写ってる。


しばらくはガマンをしようとして 忘れようとして代用したりしてたし
保育園でも先生に聞かれて ケロっと振舞っていたらしい。

それが 夜 寝るときに毎晩 メエメエに会いたいと 悲しげに言うようになった。

泣かないけど トギは 大好きやったの と。

でも あれはニュージーランドのお土産であって どこにも売ってないわけで
メエメエの代わりになれるものは何もない。

だから・・・・・

[サヨナラ、メエメエ。~その後。]の続きを読む
  1. 2010/01/24(日) 00:06:13|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

作品展。

保育園の作品展とやらへ行ってきた。

うちは分校なんだけど前回は本校で餅つき大会があって 本校の生徒の作品展を見た。

さて 自分の息子の作品って どんなんやろ?

さっそくお遊びのコーナーで遊び始める息子
100116_1126~01
をよそに 今回の作品2点を見てみた。

題名 「ねずみの朝ごはん」全員がこの題名で作る。

粘土でそれぞれが ねずみとその朝ごはんを作っている。

顔の作りはみんな違うが 妙にカワイイ・・・。

形が悪いところが癒される、子供の作品。

息子は今4歳だが3歳児のクラス。
4歳児、5歳児さんになると さらにちゃんとした形が仕上がってた。
でもちゃんと息子もそれらしく出来ていたので満足。 

トギねずみの朝ごはん

ソーセージやらサラダを作ったらしい。



そしてお絵かきのコーナー。

絵の才能はなさそうだったが 最近家でも絵を描くのが好きらしく よくやっている。 


課題は自由だったらしいが どんなもんじゃろ?

作品_1

感動。

一瞬涙目になる。

[作品展。]の続きを読む
  1. 2010/01/19(火) 01:35:29|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬のスポーツ

※写真を1枚追加したので 内容そのまま 再びアップ。

かいねはんと 息子とで アイススケートへ。

息子には初めてのスケートです。

滑れるかいねはんがいるので 息子はお任せして、
ワタシは手すりから離れてすべることを目標に 前日からココロの準備。
そしたら楽しみになってきて 2時まで眠れなかった。遠足へ行く子供か?

朝 げっちゃ眠いのを無理やり起きて 

きっと尻餅ついて濡れるだろうからと 自分用のズボンの替えを 用意する。

息子はワタシに似ず、たぶん運動神経はよさそうなので
きっとすぐ滑れるようになるだろうと思っていたが一応用意。

かいねはんは10数年ぶりとか。
ワタシは30年ぶりとか。
朝から出発して ワクワクしながら現地へ。


とりあえずはやる気満々な俺だった。
100110_1249~01
[冬のスポーツ]の続きを読む
  1. 2010/01/18(月) 00:22:51|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心から感謝。

かいねちんを通してお知り合いとなった 通称 先生。

かいねちんの同居人母子というだけで たくさん恩恵を受けました。

ことあるごとに大きなプレゼントが息子あてに届いたり、
食事もご一緒させていただきました。家の食事会もありました。
息子もよく覚えているし、あしながおじさん的な存在の先生。

先日 かいねちんから 先生の訃報を突然耳にしました。

自宅で心筋梗塞。70歳で。

ワタシも両親のことがあり、この病気に関しては思うこといろいろあります。
長く糖尿を患っておられた とかいねちんから聞いてましたが
いつお会いしても逝ってしまわれるような気は微塵も感じてませんでした。

急なことで どうしたらいいのかわからず
ワタシもかいねちんと一緒にお線香をと思ったけど 
婆さんの病院で主治医の面談に来ていて かいねちんの同行に間に合いそうもなく、
そして49日もまだ迎えていないご家族のところへ
あまり関わりの深くないワタシ達母子が行って 何をできるわけでもなく
空気の読めない息子を連れて行って騒いでも困るし 
かいねちんに重々よろしく伝えて 自宅より追悼の一日を過ごした。

息子に先生がご病気で亡くなったことを話し、
婆さんや爺さんの病気もついで説明した。

息子も先生にたくさんオモチャをもらっていることはよく知っている。

そして 先生にもらったオモチャの数々を並べてみた。

赤ちゃんにあげてしまったので写真がないんだけど 手押し車、高いブランド物ベビー服、

そして・・・・どーん!

100117_1357~03


こんなにたくさん!!!

木製レール、レゴ、チェコ製木馬の犬バージョン、くるくるのパズル、山陰線、ダンプ、
地下鉄、阪神・阪急Nゲージ、阪神・阪急の電子コントロール機、パトカー、貨物桃太郎&金太郎。


アップ写真。
100117_1358~01
100117_1358~03

(※業務連絡 たくさんありすぎて見落としてるかも。かいねちん教えて)

写真を撮るときに 先生にもらったもの持ってきて というと電車の類はひとつ残らず息子が持ってきた。

覚えているのですごい と思った。

こんなにたくさんの品を 他人の子供にくれるという太っ腹な先生でした。
かいねちんが先生を 手厚くケアしていたからと思う。

若くしてこの世を去ったちーちゃん同じく ワタシ達親子 まだ何もお返しできてない。

かいねちん&ワタシ達が健康に たくましく生きてくことをまた深く誓うより 他ない。


先生 どうぞ安らかに。  

お線香あげに行けなくてごめんなさい。

そして 心より感謝を。

  1. 2010/01/17(日) 23:32:08|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仕事はじまる

12月半ばに 仕事先のボスが緊急入院のため、年末年始 
ながーいお休みになって さあて この長い休みに何をできるだろうか。
と 半分ウキウキしていたのに 大きな進歩もないままお仕事再開となった。

個別の新年会がチラホラあったので お酒をけっこう呑んだ。

ワタシの体には赤ワインはどうもダメらしい。
ボス宅の鍋パで白ワインをいただいて大丈夫だったので
調子に乗って忘年会で赤ワインをいただいた。

そしたら 寝る時やっぱり心臓がバクバクして3時ごろまで眠れなかった。
その後日、白ワインにもう一度挑戦。普通に眠れた。
なんなんでしょうか あれは。

白ワインだけなら大丈夫のようです。
ビールも2缶以上は次の日がしんどいらしい。
焼酎はそこそこ大丈夫のよう。
酒はお猪口一杯が関の山。

40歳を目前に お酒をバカ呑みしていた時代は確実に終わっております。

両親の病気を目の当たりにして 栄養バランスも量も考えるようにはなったが
とにかく精神的負担が大きくハードな1年、
痩せたね痩せたねとみんなに言われ 顔もげっそりだった。

深刻な病状の家族が2人いたら たぶん誰でも簡単に痩せられます。 

このお正月はお肉をたくさん食べたのと 個別の新年会が重なって
楽しくて呑み食いし、体重が少し増えたと思う

明日から仕事です。

おそらく少しお痩せになったであろうボス。

久しぶりに 「絶品・さつま汁定食」 の復活です。

ガンバリマス。
  1. 2010/01/12(火) 00:39:43|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読み聞かせ・・・・・

最近 「読み聞かせ」に 困ってます。


息子の絵本の、じゃなくて 

爺さんの、爺さんによる、爺さんのための 
新聞記事の読み聞かせ。


夜眠れなくなったら 日経新聞片手に台所に来て 横に座り 

「この記事 オモロイで」

といいながら 頼みもしないのに その記事を声に出して延々と読む。

私が興味ある記事かどうかは 関係ないようだ。


大変苦痛だ。

私はネットではニュースを見れない人種らしい。ネットで見るのがしんどい。
新聞をざっと読むのは昔から好きだった。
高校の時、授業に持っていって読んだりして見つかり(広げるから当たり前や!)
先生に怒られたことがある。

が、人に読んでほしくはないよ。

6チャンでしたか 夕刊キャッチアップの佐々木アナだったらまだいいけどね。

下手したら 1面全部読みきる勢い。

大変苦痛だ。

台所の家事してるときは 自分の中に他のモードがある。
それを新聞記事の読み聞かせがイヤでも耳に入ってくる。

終わったはずやのに 換気扇を回してお湯をわかす。

声を耳に入れないためだ。

そして 巻きで洗い物を終わらせて その沸かしたお湯は用事がないので放置し

「お風呂入るわ」 と逃げる。


そして 爺さんも床につき、後で新聞を読む。

さっき読まれたタイトルのとこは もちろんすっ飛ばす!
  1. 2010/01/06(水) 14:03:45|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マイケルの特集に思う。

紅白のスマップのマイケルのパホーマンスについて。

賛否両論 ていうか悪評の方が多いのかな?
いちソウルファンとしては  OK と思いました。

マイケルに比べたら全然上手くない。

でも あのように取り上げてくれたことが良かったし 
ちょっと練習しただけでマイケルみたいに踊れても困る。
スリラーやThis is itで世界中のトップダンサー達が並んでも マイケルの踊りが一番カッコE。 
本当にあんな逸材は他にいない。ソウル界をあんなに小さい頃から引っ張ってきた人だ。
人間たちに大きなメッセージを残して、マイケルは逝った。
日本でも影響を受けてる人はたくさんいると思う。
スマップだけがメインじゃなく 日本きってのダンサー達を募集してみるとか。 も思い浮かんだ。

スマップは頑張った、でも踊る本人達が感じたのではないだろうか。
やっぱり マイケルにはかなわないや って。

で、キムタクよりも中居くんの踊りの方が マイケルの動きに近くて良かったのに
人気票でそうなったの?と思うと ダンスだけのクオリティを考えると残念。


ということで 紅白のあれこれ・マイケル特集について でした。



普段仕事のないタレントが どうでもいいことやって時間を稼ぐ正月番組は一切見ません。

さて、明けて 何を見ようか?と 息子に聞いたら「マイケルがいい」というので
初 元旦のテレビはマイケル。
やっぱりいつ見ても 観るスイッチが入る。

で、3が日は 家族会、かいねファミリー会をして過ごし、
個別でかいねはんと まり助と 新年会を開く@ マイホーム。
ビールとピザ片手にまたマイケルを見て 2次会へ。

お友達のラフィさんとこ 新地の街へ繰り出す。

「ハロー マイケル!」

マイケルと呼ばれて ニヤっと目が笑ったのは 息子でした。



さて、今回 何回 マイケルと書いたでしょう?

正解は次回の日記で!

アディオス!
  1. 2010/01/05(火) 11:38:17|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅白に思う

日本の今のポップスに興味度 ゼロの私が 唯一やることは 紅白を見ること だ。

はっきり言って 面白いとは思わない。

ココロに響く音 を 私達 音楽好きは求める。

その辺が どうも届いてこない。

ヒット曲がないのに出られる演歌歌手、去年と同じ歌を歌う歌手、衣装ばかり気にしてる歌手、
毎年新しいはずやのに見飽きた感がある。

それでも 紅白は見る。

昭和歌謡やアメリカの古いポップスで 私の音楽の情熱の進化は止まってる。
そんな私が 一応世間の選んだ 今どきの歌を一気にダイジェストで見れるから。

以下、今年の紅白に思ったあれこれ。

中居くんのファッションセンス、毎年毎年あれは何だ?
テロップは必要ない、永ちゃんはやっぱり渋い。
小林幸子はオースティン・パワーズ化してきた。
美川憲一 そろそろ紅白に出る意味を考えたらいいと思う。
坂本冬美が洋服だったやん。でも綺麗だったな。
石川さゆりもやっぱり美しい。天童よしみより歌に情感がある。
中居くんの出場者に対するコメントは気持がこもってないし、どうもおかしい。
森光子も西田敏行も司会やってたよねえ。
やっぱり司会は高橋圭三と中村メイコがよい。
細川たかし、久しぶりやん やっぱり好きになれない。
絢香 唯一 ココロに響いた。いい歌い手さんだ。
嫌いだけど今回は見た、吉田美和。やっぱり好きにはなれないが 
「その先」は 頑張るしかないんだよなあ と思った。  
スーザン・ぼーん さん、近所のおばさんみたいやった。

歌い手の個性(特に演歌歌手)が強く出てきすぎると 
情感を表現するのは2の次になるんだなあ と思った。

で、マイケル特集 については次の日記で!

アディオス!

  1. 2010/01/05(火) 11:36:13|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつのまにか明けて。

ミナサマ、ハッピニューイヤね! 


本年もおせちの用意。

おせちは毎年面倒だけど 市販のは味濃いから 惣菜系だけは作ります。

一応 日本人だし 少しは作る練習しておかないと。

爺さんもトギも寝た後作りながら 紅白ざざっと見て お風呂からあがったら12時回ってました。

100101_1015~01

偉そうなこと言って、この中から作ったのは5品です。


去年は婆さんの病気、爺さんの病気で目まぐるしい一年でした。
でももしかしたら峠は超えたのかな という感じ。
子育てはまだまだ ワガママ全開で好奇心の塊で 体力もアップして口も悪くなってきた息子で 
大変なことも多くて落ち着いてきた実感がないが 
元気で生きてくれることは ありがたいと心から思う。

家族が病気になって初めて大事なことに気がつくこともある。

何の心配もなく、危機感もなく、寝床あって、仕事あって、
命あるのが当たり前に生きるより 私にとってはよい経験だ。

ほんで このタフな日々にも慣れて フツーに感じてくるようになったし。




気学うん十年歴の爺さん的に言わせると 
私の去年は けっこう悪い年で思うように動けない年であり、
今年は 書類をいっぱい書いたりする年だそうな。

なになに?書類??

ケッ、ケッコンとか????? (ブッ) 

さっ、裁判とか?????

りっ、履歴書????



まあ いいや。去年よりしんどくなければそれで。

去年は地獄絵図を見ているかのようでした。

人生 何が起こるかホントわかりません。

一歩 一歩 進んでゆくしかないのですね。

そして健康に十分気をつける。

睡眠はとる。

呑みすぎない。

食べ過ぎない。




さて どんな一年になるでしょう。

皆様もくれぐれもご自愛ください そして よい一年となりますように。
  1. 2010/01/05(火) 10:43:10|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな