心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナンデ英語やってんのか

先日 息子がサタデースクールを 全力で拒否した。

「英語きらい!わからへん!行きたくない!」 

普通の保育園は行きたくないとは言うときあるけど 
3歳から行ってるから慣れてるし 全力では拒否しない。
なので 英語の保育園は 行く理由ちゃんと説明しようと思った。

まずこの二つを説明

1・ここは日本である ちゃんと日本語を話せる、それは素晴らしいことだ 

2・世界では英語を話す人がとても多い 高校の地図帳を引っ張りだし、
  世界はこんなに広くて日本はこんなに小さい国で と 言語の分布図を見せてみる 

3・色の黒い人や 髪や目の色が違う人 を見て「英語の人や」 って思うよな?
  そしたら今は逃げてるやろ?と聞く 

  「えー だって英語わからへんもん」 

その気持ちはとっても分かる。母がちゃんと話せんのやから迷うのも仕方ないわ。
そしてここ 日本やし 日本人以外ほとんど見かけない。

でも ナニ人であっても やっぱりその人の中身で人は判断される。
外国人だから興味は持つけど やっぱり外国人だからっていい悪いの基準が変わるわけじゃない。
見た目にどうしても生粋の日本人じゃないから そのように判断されるのは息子だ。
そして 言葉を通じて人は人間を判断してくものだから
英語を話すということは たくさんの人と出会い 判断する力を養うもんやと 私は思ってる。

で こんな風に言ってみた。

  トギのお父さんはアメリカ人で肌の茶色い人やったから 
  トギもちょっと茶色いけど 他の子が トギを見て
  「この子色黒い 英語の子やー」 って 逃げられたら 嬉しくないよな? 

  「うん」 

  顔が英語の人やから って逃げたら 逃げられた人はどう思う?

  「それはいやや」

  だったら トギも逃げないで 英語でちゃんとお話できたら いいと思わない?

  「おもう」

  日本語では楽しく会話できるけど 英語の人がいたら急にお話できなくなる子と
  日本語でも英語でも お話できる子と どっちがいい?

  「英語もできる子」

  チエチャンは英語の人とお話するときと 日本語のお友達とお話するときと
  態度変わったりする?

  「しない」

  トギにも英語の人やからって 逃げたりしてほしくないねん。
  チエチャン逃げてるか?

  「逃げてない」

  英語でも日本語でも同じトギでいてほしいねん。
  色の黒い人とか 目の色とか 髪の色とかで 逃げたらアカン。
  逃げられたらイヤな気持ちになるのは 分かるやろ?
  だから英語もやるねん。

有難いことに かわいいと言われることもあるけども それは大人の目であって
子供の目線は変な目で見られることがほとんどだから それをヒシと感じているはずだ。

私の行ってる英語のスクールに用事があって一緒に連れて行ったことがあって
3~4人の先生が 相手をしてくれようとして近づいてくれたのに態度が悪くて
ちょっと逃げ腰だった。 

「私の英語の先生はどうだった?英語の人やから イヤな人やったか?」

と聞いたら

「楽しかった」 と答えた。

みんな子供の相手が上手で うまく間が持ってすぐ帰る予定が45分くらいいた。
先生の英語のお話ちゃんと意味分かってたね すごいやんか というと

「英語わかった」 とやや誇らしげだった。

ここのとこ 朝 爆怒りでサタデースクール毎回拒否していたんやけど 
自分を見て「英語の子やから」 って逃げる子がいたらいややろ?
って聞いた後 気持ちがちょっと切り変わったっぽい。

それ以来 英語の保育園(サタデースクール)に行くことを グズらなくなった。

ナンデ英語やってきてるか わかってくれたかな。

多分納得してくれたと思う。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/21(月) 02:00:20|
  2. 息子の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自然な英語を | ホーム | 生きる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/1044-b02c44a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな