心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジョージ・ベンスン George Benson

1976年にグラミー賞 3部門で受賞。
"This Masquerade"
"Breezin'"
"Theme from Good King Bad"

1980年にも
"Give Me The Night"
"Off Broadway"
"Moody's Mood"


その他 1978年 1983年 にも受賞あり。
ブルーノートではこけら落としで出演した フュージョン・ジャズ・
ブルーズギタープレーヤーの一人であります。

ウエス・モンゴメリのオクターブ奏法を
継承する形で進化もとげ、ソロとスキャットを一緒に歌っちゃう歌唱法
では とっても有名になった。

基本的に 彼のギターは私ごときが申し上げるのもなんだが 好きだ。
すごい綺麗で私の耳にとって嫌味なフレーズが全くないのです。

しかし私の目にとって移る その姿が時々 
その才能を見つめるのに邪魔をしてくれます。




ギターを弾いてくれていたら◎なんですが
歌を歌うと テレビ画面を凝視できなくなります(笑)

コワいし。070329_2137~01.jpg


ファンの方 すみません。

070329_2148~01.jpg

…谷村新司さんでお間違いないでしょうか?

いや ギターは好きなんで レコードは持ってます。
でも歌が…小指を立てつつ 鼻にかけつつで なかなかヤバ目です。

先日ね テレビでやってたので 見てました。 
しかし…映像が気になるアタクシでした。
気にはなるのに、見つめられないこのキモチを一体どうしましょう?
ということで テレビが終わってからやっぱりレコードを聞きました。

映像なしで大満足の私。

ファンの方、重ねがさね すみません。

でも最近の傾向?なのか 白人のおばちゃん層に人気のようで
観客の前の方ほとんどがそうでありました。
ステージにホイホイあがって ベンスン氏の後ろへまわり
腰をさすって踊る礼儀知らずなおばちゃんもいましたが 
歌いながらで困惑していたのに うまくそれを笑いに利用して
切り抜けるところが エンターテナード二重◎と言えます。
お客さんは間違いなく満足できるでありましょう。

This Masqueradeの入ったこの1枚が一番有名。




Chaka Khan とヂュオ Ray Charles がピアノという豪華ライブ版をどうぞ。


アレサと並んで女性ソウルシンガーから尊敬されているCHAKA KHAN
歌詞を覚えてないのか先読みされながら歌ってます。
しかし この手の声が私 実は苦手。RUFUS 時代が好きでした。

態度みてるときつそーな女性なのであんまり好きなタイプじゃないな。

先読みまでしてやったベンスン氏の歌の邪魔しすぎっす。


スポンサーサイト
  1. 2007/04/06(金) 01:26:32|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<心にかさぶた | ホーム | 漫画>>

コメント

凝視できないといえば

私はデビュー当時の殿下やったりして(^^;)
歌はええねんけど、ちょっと生理的に。。。ヲイヲイ
でも、最近は見かけないのもあり、しかし目が慣れたのか??そんなに気にならん。

って、我が友のダンナ殿はものすご有名な殿下通らしい。
  1. 2007/04/06(金) 12:27:11 |
  2. URL |
  3. panda #-
  4. [ 編集]

おお 殿下か。>pandaはん

殿下はもう あっちへ行っておられますから(笑)
毛が長い頃は好みでないな。今でも服の趣味は疑う。
でもって 子供と見るミュージッククリップではない。
「オネエチャンはみんな下着姿で踊るもの」
という印象がつきかねないのでさぁ(^^;)

ジョージ・ベンスン氏の場合は 最初ギタリストとして
出たのに 歌を歌い出して評判になってからの変化
が気になるのですわ。

  1. 2007/04/07(土) 00:14:52 |
  2. URL |
  3. 黒岩チエコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/119-44e93876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな