心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

講師・前編

私がお世話になった講師について 書きます。

10年前からにさかのぼりますが 歌は3人の先生に教わった。 
バークリー卒の腕きき講師 柴田先生と 
音大卒の正統派声楽講師 大垣先生
夫婦で教会の活動のため 来日していた黒人女性 実践型マリカ先生 

それぞれの先生が それぞれによくて
その先生方に教えてもらったことが 時々
歌っていてすごくしっくり来る瞬間が 今頃になってあります。
遅すぎですがな・・・

柴田先生は 
熱い伴奏で 私の下手なアドリブをうまく拾ってくれましたし 
ライブを、バンドをするきっかけをここで得ました。
初めての講師が柴田先生で本当によかった。

大垣先生は 歌うときの姿勢と声の出し方やのどのしくみなどを
説明しながら発声のみのレッスン。この先生で高音がアップしました。

マリカ先生は 
英語の表現方法を重視でシャウトが苦手な私に 
無理にする必要はないし できる人でも喉にはよくないと 
私の声のいい部分を特に見つけて伸ばそうとしてくれた。

小さい頃に習いごとなど 言い出せない環境にいて
習いたいと思っていたのが外国語か、楽器。
家を出た当時は外国行きを断念して一人暮らしを選んだ上に
一度目の結婚をしたので語学は後回しとなり、楽器→ピアノにしました。しかしながら
ピアノより歌を(ピアノはアカンということで!笑)
と薦められたために 今に至るんでございます。

習いたい環境が用意されるお家で育った方には わかんないでしょうが
私にとって習い事というのは、価値の高い行いだったのです。
でも小さい頃からやってきた人らにはかなわねーやと感じる部分が悔しくもあり、
それなら高望みはせず 一生続ける趣味として、
でもどうせやるならカッコイイライブをやりたいと思って
実力はサブいのを承知でがんばってきました。

でも 自分のサブさを知るというのは大切なこと。
サブさを知ると魅力も少しは見えてきます。

音楽に限らず 私が講師という仕事を考えたとき、
自分に何か教えてあげることがあるとすれば
そのポイントに気づかせてあげることかもしれない。
生徒に合わせる柔軟さ・それに加えて 自分自身が
幅広い活動と人間関係を成していなくては 人を導いてはゆけないと思う。

そんなアクチベートな人間に、私もなるべし。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/26(水) 16:26:33|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸せ | ホーム | Shame on>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/275-1639b9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな