心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ike Turner~R.I.P~

アイク・ターナー氏が12日 サンディエゴ自宅で死去。76歳。

アイク&ティナは ロックンロール界ではパイオニアとされている。

低音ボイスといえば アイク (バリー ホワイトも捨てがたいけど)

もう76歳だったんだ。

元妻のティナ・ターナーは アイクの出演するクラブに通いつめ
歌でアイクのお目にとまって 以後 フォーリン・ラブ 一躍スターとなった。

映画「What's love got to do with it 」から

アイクの配役は ローレンス・フィッシュボーン Laurence Fishburne。

あのステージングは 歌い手ならば一度は目にするべき価値のあるステージです。

今年のグラミー賞にも名前出てましたね。
ブルース・アルバム賞でしたか。

薬物の使用や女性問題 家庭内暴力などでプライベートにいい話題がありませんが
偉大な功績を残した ミュージシャンがまたひとり他界しました。

合掌。

こっちは本物映像。

スポンサーサイト
  1. 2007/12/14(金) 00:46:05|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<60 曲のライブ | ホーム | 先住民にとっての感謝祭>>

コメント

ご愁傷様です。

パイオニアさんも長生きの方でしょう。
70sソウルのすばらしい方々も皆さんいい歳ですな。
産みの親が残す永遠の名曲は形は変えど、後世に受け継がれとります。
モノが残る生き方は憧れますな~v-217
  1. 2007/12/16(日) 01:00:22 |
  2. URL |
  3. ホット ドッグ #-
  4. [ 編集]

>ホットドッグどん

70代って私の場合 自分の親の代。
いろんな生き様があるもんだ。
ところでローレンス・フィッシュボーンの配役はどうやろね。
  1. 2007/12/16(日) 23:30:28 |
  2. URL |
  3. チエコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/359-f26acd81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな