心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Isley Brothers

ソウルミュージック好きを加速させてくれた バンド The Isley Brothers 



日本人の間では アメリカほど知られてないバンドなので
人に「音楽は誰が好き」と聞かれて 答えても 反応がない。
このド派手でエッチで熱々なステージを
恥ずかしがりやの私達ニッポン人も 機会あれば一度ご覧あれ。

後半に出てくる アンジェラ・ウィンブッシュは 
ボーカル ロナルド・アイズレーの嫁さんです。美しい。
嫁さんも 音楽プロデューサーでシンガーです。

Brothers 名のとおり 兄弟やいとこで形成されてきたこのバンドも
今残るは弟でギターの アーニー とこのボーカルのロナルド だけ。

1950年代にはボーカルグループとして活動。
今2007年です。57年現役!スゲー

◆はじめ3人でドゥ・ワップなど
ロナルド、(現・ボーカル)
オーケリー(1986年 没)
ルドルフ(現・聖職者に)

◆後に3人加わり ファンクバンドへ
その後 3人を加え ファンクグループへと変貌を遂げる
アーニー(現・ギター)、
マービン(現・糖尿病で足を切断のため脱退)、
クリス・ジャスパー(いとこ ソロ活動中)

名物はボーカルのロナルド節「ナナナナナ~ナ~ナ~♪」
その昔 ジミ・ヘンドリックスが 無名時代にこのバンドで経験を積んでいました。
そのジミヘンの影響を大きく受けてきた アーニーの泣きのギター。
私はこの人のギターの音色が好きです。

ソングライティングも素晴らしく 一体この強面のオッサンの
どの部分からこんな美しくて哀愁のあるメロディが浮かぶのだろうと思う。
泣きのギターが 細く深くその傷にしみ入るよう。
アレンジ力をとっても オリジナル曲の魅力を引き出しつつ さらに深みを増す。

ステージは ダンサーがいて基本的にエッチな色合いです。
そこそこ恋愛を経験した大人ならムフフと思う場所もある。

自分でバンドを始めて この偉大なバンドがミュージシャンの間で名前すら知られてないので驚いた。
日本てアメリカの影響を受けているけど ミーハーな部分だけなんだ。と思った。

今回 You tubeでライブ映像を上げている。
でも最近のライブでお年のせいか 声があまり拾われてないので
興味ある方は是非 CDなどでまずそのサウンドを耳を傾けて聴いてみてほしい。

ベストでもよいけど 「3+3」が私は好きなのでおすすめ。


ファビュラス!アイズレーブラザーズ





スポンサーサイト
  1. 2007/12/17(月) 01:50:38|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ゲッソリ | ホーム | 60 曲のライブ>>

コメント

アイラブアイズリー、トゥ
バンドの軌跡などあまり知らんかったから勉強なったー
そうそう、アイズレーのこと知らない人多いなー
私のお気に入りは「beautiful ballads」というバラードばかりのアルバム。
はっきり言って全部同じやねん。全部好きやけどね!
  1. 2007/12/18(火) 02:54:59 |
  2. URL |
  3. ちちぇこ #-
  4. [ 編集]

ちちぇこたん♪

そうそう、ロナルド節ですべて同じ曲に聞こえるんよねえ。
日本では特にソウルが好きって人の間でしか知名度ない。

あの怪獣顔であのネコなで声だからいいのかもしれない。
バンドで自分がやるなんて おこがましいと思う反面
下手でも表現できるもんとか 伝えられるもんがあるだろう
と思う。こんなに素敵な曲やから!
  1. 2007/12/19(水) 20:26:09 |
  2. URL |
  3. チエコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/360-511b6b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな