心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

公園での不満。

近所のタコ公園。(タコの形の滑り台がある)

ちょうど滑り降りた地点がくぼんで水たまりになってる。

それがいついっても水たまり。
そこに水たまりのなかった日はない。

当然着地したら濡れるから そこは誰も滑らないんやけど
子供達は 滑れる場所だけを右往左往で混雑。

気になって気になって 砂場から砂を集めて埋め立てた。
深い水たまりが数か箇所あったので 何回も往復をした。
いつもは公園では 子供を追いかけてる息子も 
私の行動を不審に思いながらも真似。

一緒に砂を運ぶ。

何回か行ったあと、ひとつの水たまりが埋まって、砂を取りに行ってる間に
違う子供達が見つけてそこを滑り始めた。 まだ水たまりは全部は埋まってない。

それをマジマジと見る息子。
「もっと砂!」と意味がやっと分かった様子。

また砂を運ぶ。

子供達が滑る間、次の場所も2人で埋め立て。

時折 怒られるのを分かってるのに水たまりにジャンプして案の定怒られたが 
それに付き合って怒ってたら土は埋まらないので無視してたら 
そそくさとやめて
また手伝う息子 そして 終わった。

普段の不満がやっと解消した!

解消したけども・・・・・・

砂集めてて まだ水たまりが全部埋まってなかった その時

「そこまだ ビチョビチョやからダメ!」って言ってるがいた。

水気がなくなるまで 砂を運んで出来上がったら

「さっきのとこできてるわ!」 と言って子供を遊ばせる親。

えーっと あのう なんか違うよな。


その後 他の場所も終わったら さっきのその親は「こっちももういけるよ!」って。

そこに大人は何人もいたが 誰も手伝いもせず
終わる頃に一人の親御さんだけに ありがとうございますと言われた。

で、そこへ フサフサ息子」「みんなすべってる!水なくなったから」
「ママがした!」と大声。「トギのママ!」と追加。
「トギも手伝ってくれたから早く終わったよ ありがとね これで滑れるね よかったね」
というと 心なしか誇らしげでした。

が、先ほどの親の感覚は明らかに私と違う。
たぶん私の日記を読んでくれてるみなさんも私寄りの意見ではないかと思う。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/07(金) 00:38:01|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<その電車・くろしお。 | ホーム | グラディス。>>

コメント

なんていうか

そういう人みるたびに怒るよりも呆れるよりも
どうやったらそういう風に育ってしまうのか
っていうとこに興味がいってしまう私。。。

幽体離脱してそういう人の一日を観察してみたいわ。
信じられへんことの連続なんやろうなぁ。

トギママはエロイ――もとい エライ!
ていうかこれが普通!
それが判るトギもエライ!
  1. 2008/03/07(金) 09:49:34 |
  2. URL |
  3. デ七 #9L.cY0cg
  4. [ 編集]

ふむ・・・

デ七さんと同じく、どうやったらそんな大人になってしまうのかと思う
自分や周りに起こることに、ごく普通に考えて、ごく普通に行動して生きてきたら、
こんなときはごく普通に手伝うと思うんだけど・・・・なんか悲しいね
何より心配なのは、そういう感覚の中で育つ子供さんたち。
自分の目で見て、正しいことを学んでいってくれたらいいなぁ。。。
トギちゃんは、その点、ダイジョウブやね!!
  1. 2008/03/07(金) 16:38:05 |
  2. URL |
  3. ちちぇこ #-
  4. [ 編集]

お疲れさま!

ええっと。
ほんまに言葉が見つからんよな・・・。

アタクシ、街中で親切にしてもらったら、
「ありがとうございます!!」もいいますが
必ず、その人の去ってく後姿に「あなた様にいい事いっぱいありますように!!」
と念じるのでございます。
コを持つ親としてこのエピソードを聞いたらチエコはんにもいっぱいいい事
ありますように!!!と思わず念じてしまいますよ。

労力は違うけど公園には同じような事よくありますな。
一番よくあるのが「雨上がりの滑り台」
子供が滑りたがるので、濡れた滑り台を大量なティッシュで拭きあげた途端
それを見ていた別のママさんが
「ほら、滑れるわ!」
と今まで滑り台に近寄らせもしなかったのに言い出したりしてね。

とにかくチエコはんとトギさんにいっぱいいい事ありますように!!
  1. 2008/03/07(金) 17:41:35 |
  2. URL |
  3. cha #-
  4. [ 編集]

そう なんていうかね

デ七はん>

その母親はじぃじと一緒だったけど じぃじもなんか冷たい感じな人だった。
でも そのアフォな親にも驚くんやけど これ そこには兄弟を含む
10人以上の子供がいて 7~8組?の親達が周りで子供の遊びと
私達の作業を見てた。口には出さずとも出来上がるのを待っているかのよう。

ちちぇこたん>

10数人の子供の中には 砂運びを終えてあがってきたトギに
えらそうに「順番やで!」と言ってる子がいたわ・・・ 
別にそこを滑ろうとはしてなかってんけど。トギは不思議そーな顔してた。

ちゃちゃりん>

こんな人↓↓↓ いないと思ってたのに本当にいるんだよね!!!公園には驚かされる。

濡れた滑り台を大量なティッシュで拭きあげた途端
それを見ていた別のママさんが「ほら、滑れるわ!」

公園に行くといろんな親子がいるんだけど
一人で来てる子や ママがいるけど放ったらかしの子が 延々とついてくる時がある。
トギは子供と遊ぶのは嬉しいけど 私は複雑。
先日も3歳くらいの女の子、(ほら、ママは遊ばないから勝手に遊んで来て的な感じ)
ママは遊具に近寄ろうともせず。その子も一人でぽつんと遊び。
少し近寄ってきたので 一緒にしばらく遊んだら抱きついてきた。
ママは余所見、携帯、子供がちょくちょくママの顔見てるのに気づきもしない。
で突然 「いいかげん帰るよ!」と怒られて 帰っていった。

ということが 公園ではある。
私も口は悪いし 叩きもするし 八つ当たりもする親だが(汗)
公園で見かけるこの手の親に思う。公園に出てきた日くらいは
思いっきり相手してあげればいいのに。
きっと家では相手してあげてないんだろうから。


  1. 2008/03/08(土) 00:05:31 |
  2. URL |
  3. チエコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/417-1d32102a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな