心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古き良きモノ

今日はインドネシアの学校の特集があったのでTVで見ていて
見た風習が昔参加したイベントで見たことがあって とても懐かしかった。 

小学4年の時 留学生の日本体験生活(飯盒炊爨とか)のレクリエーションが
青少年野外活動センターであって 泊まりで参加した。

それ以来、毎年2回、高校まで 海外の人と楽しめるこうしたイベント
にホイホイ出かけるようになって留学生会館もやがて顔パスに。
※アジア系の留学生が多い日本で
 英語というものは そこでは公用語じゃなかった。

そこで海外への興味が 時間をかけてどんどん膨らむ。

私は 外国行きたさ(当時はワーホリめざし)に高校の時バイトをして 貯金をしていたのだけど
家に入れる金額の事(思えばつまらん事・・・)で親と喧嘩になり、
目標額をまだ先にして 一人暮らしに踏みきった。

それが 貯金はおろか、生活に必死になり、海外へ行くきっかけを逃すことになる。

ちょっと本棚から引っ張りだしたんですが
CA340578-0001.jpg


CA340577-0001.jpg

海外のクリップ写真 集めてました~ 懐かしい~・・・4冊も。

海の外へ行きたいと20年前に思って・・・ホホホ。
この後、「そうだ こんな写真が撮りたいねん」 ってことで
「海外へ行けないならいけるような仕事につこうと」カメラマンの仕事を選んだ。
・・・・チョトアホヤネ~(Rafiさん風に語る)

住んでみたいという思いは 今は薄い。
外国や外国人と触れ合うきっかけは子供の頃にも定期的にあったし
大人になってからも日本で外国人の友達は出来たけど 
感じてきたものは日本人という自覚、日本という国の文化(歴史)だったかもしれない。
英語が話せても日本が語れない そんな人は意外と多いんじゃないだろうか。

でも海外へ行かずとも その文化が自分の中には染み付いているもので
そのよさに気がついていないだけじゃないかと 今は思う。

流行物や融合してくこと がなければ 新たな文化は生まれない でも

先人が得た知識 築いてきた美しいものやその思想 後世に残してゆきたいことはたくさんあって

知ってることは伝えたいし もっと深く知りたいと思う。

海外にもそういう先人の持つ知恵や 古き良き知恵やモノ って必ずある。

それが 私にとってはすごい魅力で。

そういうものが私を導く そこには何かが詰まってるに違いない。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/21(金) 23:04:07|
  2. 世界の話題モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<豪華プレゼント。 | ホーム | スカタン語録。>>

コメント

なつかしい

そうそう。外に出ると尚更自分が日本人であると自覚する。
そして特に、「嗚呼、日本語って美しい!」
日本語ってすごいと思ったもんだ。
日本語の中に隠れた、相手を思いやる心遣いがっ!
日本の心だね!とヒマラヤの麓で土ぼこりにまみれながら思ったもんさ。

あの頃、メールの最後の署名には
「世界の果てで日章旗を掲げ闘う嫁」って書いてたなぁ(T_T)/
  1. 2008/03/24(月) 23:28:32 |
  2. URL |
  3. panda@やっぱり明日は定休日 #-
  4. [ 編集]

定休日のpandaはん♪

どや?お店は?うちの親前はよく通ってるらしい。
いつも「あすこはええ店よ~」て言うてる。(言うなら買ってきて!といつも言うんやけど・・・笑)

私は海外には住んだこともないし 旅行もあるけど多くない。
日本国内で子供ん頃から東南アジアの留学生に親しみがあっただけだから
実際に住んでる人とは 同等ではないやろうと思うけど
宗教のこととか 風習について知らずに行って
恥ずかしい思いしたくないと昔も今も思う。

日本語はいい 繊細だし 日本人の性質に合ってるようにできてるよね。
だから私ャ ブログがとまらないのかもしれないわ。

最近の老け兄の様子はどう?時間あったら報告して★
家業育児の健闘を祈る!
  1. 2008/03/25(火) 23:31:37 |
  2. URL |
  3. チエコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/429-1e9c1e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな