心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アトランティック。

アトランティックというレーベルは モータウンと並ぶ大手レーベルで
先日ワッツタックスで紹介した スタックスもその傘下で
サザン・ソウル、メンフィス・ソウルと言われてます。

アトランティックについて 
1947年 アーメット・アーティガンとハーブ・エイブラムソンによって設立。
ハーブ・エイブラムソンはユダヤ系のJazzマニアで、
アーメットはトルコ大使の御曹司・トルコ人。 
父親の赴任先で聞いた黒人音楽やD・エリントンなどのJazzに夢中になり 
大使館に黒人アーティストを招いて音楽界を開いているほどだった。
人種差別が厳しい 当時のワシントンで 白人(トルコ人は白人とみなされていた)
と黒人が同席するパーティなどは皆無。外交官家庭の特権でこのような会が催されていたもの
と思われる。トルコには帰国せず 本土に残り、レコード屋を経営しはじめたのが
レーベル立ち上げのきっかけになる。
R&Bやロックのレーベルで有名なレーベルの創設者は意外にも
違うルーツを持つ2人から成ったのですね。


1949年頃ある女性歌手をきっかけに ヒットを飛ばす。

その女性歌手・2006年に他界した Ruth.Brown


エイブラムソンが退いた後、アーティガンの兄とジェリー・ウェクスラーが加わり、
この3人によって運営された。

R&Bやジャズの名門レーベルとして有名で
1952年から1959年まではレイ・チャールズが契約しており、レーベルを牽引した。
その後、ビートルズの旋風に乗じてイギリスのバンドシーンが上陸してヒットチャートを独占、
レイ・チャールズ他の売れっ子スターを引き抜かれるなど 不況が続く。

その苦境にあったアトランティクスを救ったのは 傘下に入ったスタックスレーベルの登場と
マッスル・ジョールズスタジオのミュージシャンの貢献によって 
ソウルの女王 アレサ・フランクリンが生まれたこと。

スタックスについて
創立者は 白人姉妹で ジム・スチュワートとエステル・アクストン
二人の名前のスペルのミックスがレーベル名であるが
当初はジムがフィドル奏者ということもありカントリーミュージック路線だったが
リズム&ブルースへ転向し シカゴ・ブルーズなどの録音も多く残した。
代表的なスターはオーティス・レディング(68年 飛行機事故で他界)、
その後はワッツタックスにも出演したアイザック・ヘイズ など。
サム&デイブもアトランティック所属で スタックスとして売り出した南部らしい力強さのあるデュオ。

スタックスで音作りの鍵を握っていた ハウスバンドはブッカー・T&The MG'sで
白人と黒人の混合、黒人の多くが占める南部でその頃には珍しい構成スタイルだった。
あの有名なブルース・ブラザースの バックを努めたバンド
と言えば分かる方も多いのでは?

その後 世の中をR&B旋風が通り抜け ポップス業界はロックへ人気が移行してゆきます。
1960年代中盤から徐々に白人ロックにも進出し、
クロスビー・スティルス&ナッシュやレッド・ツェッペリンを送り出し、アトランティックは
1967年にワーナー・セヴンアーツの傘下となり、
ローリングストーンズを獲得、R&Bをを経てロック業界を代表するレコードレーベルに。
インディーズレーベルからメジャーへと成長してゆきました。

・・・・・とさ。長いねぇ。

T.I.
レイ・チャールズ
コースターズ
ドリフターズ
ベン・E・キング
オーネット・コールマン
ジョン・コルトレーン
モダン・ジャズ・カルテット(MJQ)
チャールズ・ミンガス
アレサ・フランクリン
ウィルソン・ピケット
ヤング・ラスカルズ (ラスカルズ)
バッファロー・スプリングフィールド
クロスビー、スティルス&ナッシュ
レッド・ツェッペリン
イエス
エマーソン・レイク・アンド・パーマー
ジェネシス
ジュリアン・レノン
ロバータ・フラック
ダニー・ハザウェイ
スピナーズ
フォリナー
シック
ジュエル
ABBA
Mr.Big
KIX
スキッド・ロウ
ホワイト・ライオン
サム&デイブ
ジェームス・ブラウン
オーティス・レディング

私は アトランティックレコード はアレサやダニー・ハザウェイの在籍という印象からか
リズム&ブルーズにゴスペルのエッセンスを加えた音楽という印象を持ってます。

アトランティクスが流れをつかむきっかけとなった ルース・ブラウンの映像をもうひとつ。
B.B.king とのセッションです。


アップのこのメイクを見たときは ハナ肇か?と驚きましたが 違いました(笑)

せっかく最後までお読みいただいたので ここで創造力を試してみます?

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

もし、貴方が 必死に歩んできた人生の中で 
やっと探し当てた理想のプリンセスを見つけ、初めて結婚を申し込みたい人だとします、そして

その相手のお嬢さんのご両親がこの二人だったら・・・

というわけで R&B業界を世に広めた 大手アトランティクスの紹介でした。
レーベルの話は 非常にややこしいストーリーが多くて 
内容に少し時差や細かい間違いはあるかと思いますが 勘弁してね。


スポンサーサイト
  1. 2008/06/07(土) 23:12:19|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モータウン。 | ホーム | 新妻になった友>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/474-ba7c9d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな