心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グレー

SCU(集中治療室)での面会秘話。(って誰も楽しみにしてはいませんでしょうが。)

子供が入れないために トギの子守を爺さんと交代で入る。
まず私が洗濯物や必要な物を持って入って 看護士に今日の体調などの話を聞く。
しばらく30分くらい話してると 婆さんが疲れて寝るパターンが多かった。

爺さんも会いに来ているが 眠ってしまった婆さんを後に病室を出て 
爺さんに 「話してたら寝ちゃったわ。」

すると 爺さん 「とりあえず 声をかけてみる。」

と中へ。

30分くらい経ったので 起きて話してるんやろうな、と思っていたらしばらく後に
爺さんが出てきた。

「しばらく手触って呼んでみたけど全然起きないから 出てきた。」

え でも時間長かったで? 「看護士さんと話しをしてきた。」

----------------------( これ爺さんの証言 )-------------------------------

----------------------(婆さんがうっすら見たもの)-------------------------------

しばらく寝てたら 誰かの大きないびきが聞こえてきた。
このいびきは爺さんや!とすぐ思ったが
でも 夢やろうと思って そのまま寝ようとしたら ガッシャーン!と大きな音が。
夢かうつつか、爺さんが 婆さんのベッドの横で パイプ椅子で座って眠りこけたらしく
看護士さんが 物音を確かめにきて 「大丈夫ですか!」などと言われて
起き上がり そのまま出て行った。

あれは 間違いなく 爺さんやった。
絶対に夢なんかじゃない。

-----------------------(その後の爺さんの証言)-----------------------------

婆さん の見たものは夢か幻覚か妄想や。

-----------------------(婆さんの追加証言)--------------------------------

カーテン一枚で仕切られた病室内に 患者用の手すり付トイレがあったが

勝手に使おうとして注意をうけていた。(衛生上患者以外はダメならしい)
その後ベッドの横に来たので「あんた 今トイレ使ったやろ」と聞いたら とぼけていた。

------------------------(爺さんの供述)-----------------------------------

婆さん の見たものは夢か幻覚か妄想や。

--------------------------------------------------------------------------

姉と私 娘2人 その話を聞き、メールで 婆さんの見たものについて 真相を語る。

婆さんは寝ていた→にしては長い空白の40分。
トイレの近い爺さん、いろんなものを観察するのが大好きな爺さん。
病室のこんなところにトイレがついている。そんな時どんな行動をとるであろう?

限りなく黒に近いグレー。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/23(水) 23:26:50|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<転院の予定。 | ホーム | 急にオムツからパンツに替えてみた。>>

コメント

ウケたw

確実に黒だよお父さん……(*´Д`)
  1. 2008/07/24(木) 09:31:37 |
  2. URL |
  3. かいね #9L.cY0cg
  4. [ 編集]

でしょ?(^^;)

私が看護士に話を聞いた後に
爺さんも看護士から40分も説明を受けるのかが疑惑の発端。
簡易トイレは 水を流す音がしたので看護士が来て爺さんの声がした と
夢うつつの中だった婆さんが言っている。

婆さんもそれまで寝ていた=夢うつつ・・・・というのが 
真っ黒と書けない理由だけど(笑)


 

  1. 2008/07/24(木) 23:24:22 |
  2. URL |
  3. チエコ #-
  4. [ 編集]

チエコさんのおばあさんはおかあさんだったのですね。今知りました。大阪の方だということも今知りました。ちなみに私も大阪です。私の方はリアルに祖母です。ここ最近はやはりだんだんと弱ってきていて横になりっ放しです。自力で立って歩こうと思えば歩けるのですがしんどいようです。食事とかもちゃんと見てないとこぼしまくります。食べてる途中に寝ちゃうしね。トイレも億劫なのか紙パンツが手放せなくなってます。ウンチを紙パンツ内に大量にした時は「ついにここまできたか」と結構ショックでした。でも93まで介助が必要なかっただけでもありがたい事だと思いなんとかやってます。
直近の日曜の深夜に4チャンで放送していた介護ホームのドキュメンタリーをたまたま見ていて介護士の女性が老いるというのは赤ちゃんが成長していく過程を逆行しているようでとても不思議みたいな趣旨の事を語っていてなんだかとても納得してしまいました。チエコさんのブログを今読ましてもらっても改めてそう感じます。生命の神秘みたいな。無宗教なんですけど。生命が円になってまわってるみたいな。いけないですね。いらんことを考えてしまいます。
考えすぎるときはやっぱり音楽を聴いています。今日はsuperfunk2というCDを聞いていました。このCDの1曲目ビリーガーナーのブランニューガールが特にお気に入りです。もろにJ.Bで最高に上がります。
  1. 2008/07/25(金) 01:22:10 |
  2. URL |
  3. ファンキーペンギン #-
  4. [ 編集]

そうですね・・・・

こうやってオムツをして いろんな事を忘れていってしまうのは
赤子時代に逆走してるみたいと母は今言ってます・・・・。
(まだいろいろ覚えている方です と医師には言われますが)
その昔 元義理の祖母が亡くなった時 亡くなる寸前に
前夫と私がその義理祖母に呼ばれて到着後 1時間後に他界し 
その時大往生と言われる年齢だった祖母が老衰で逝く姿を 目の前で見ていました。
最期は横たわりながら背筋を張って顎を少しあげたようにして静かに息を引き取り
義理とはいえ親族が亡くなったというのに 感動してしまったことを覚えています。

生も死も その家族にとっては 重大で価値の高いもの。
良くも悪くも感動し 時には天国をも地獄をも見る
人間にとっては 生きるための理由に値するもの と私は思ってます。 

最近は 8月のライブでコーラスを努めるディスコ系&ヒットソングのソウルを聴いてます。
(聴かなくては覚えられないので・笑)

  1. 2008/07/25(金) 22:46:56 |
  2. URL |
  3. チエコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/508-34efe454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな