心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トロッコに、乗る。

今の仕事先のボスに待望の赤ちゃんが生まれました!!!!

思えば私が初めてボスに会ったのはたしか20歳くらいの時ですから20年近ぅなります。
今家族ぐるみのお付き合いとなってきて トギも大変可愛がってもらってます。

パパになることを すごく楽しみにしてはったので私もすごく嬉しいです。

本当におめでとうございます!これからもよろしくお願いいたします。

早速 トギ付きで迷惑とは知りながら 赤ちゃんと奥様に会いにゆきました。

ちっちぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・手足がぁ・・・

でもまだトギよりは大きいんだ ということはこの態度のでかい3歳は

もっと小さくておとなしかったのだ!ということを再確認。

どんな赤ちゃんや幼児をみてもみんなおとなしくみえるのは 君のせいさ。

そんな愛しの君と トロッコ列車に乗ってきました。

トロッコ

私は実のところこれが 3回目。
ずいぶん前なんで記憶は不透明ですが川はまだ綺麗でした。

親の田舎が亀岡なんだけど 駅に降りたときに懐かしい匂いがした。
匂いは30年たっても変わらないのかな と思いながら駅まで歩いた。

その日は朝7時前に起きたトギ、絶対グズる予定でしたが
列車ではグズることもなく 帰り道も京都駅でエキサイトし、
やや満員の電車の中一瞬ダッコで眠ろうとしたけどなんとかがんばって家までたどりついた。

お疲れさま 病院以外では いい子でした。



【過去のブログより】 お産のことについて書いた日記です。かいつまんでみる。


(前述 うんぬんかんぬん・・・・・・・分娩台の横の待機室にて 何人もの出産を耳にしながら)

それまでは「いきみたくなったり、ひくひく痙攣してきたら呼んで」
と言い残し、他の人の分娩へ行ってしまってた。
痙攣...してきたので呼んでみるけど、張りのグラフを見て張りはめいいっぱいあがってるのに
「まだ5~10分間隔だ」ということでまた放置の繰り返しだった。
「これは全開してるはず!」-何度そう思ったか。

赤子の心音グラフが一瞬止まってようやくあわてる助産婦たち。
私の叫びを軽く無視してきたが やっとこ先生に心音が見つからないと連絡。
やっと分娩台があいたので 台へのぼったら助産婦は前の人の
片付けしてて、片手間に診ながら
「全開してるから陣痛きたらいきんでいいよ!」といいつつ、
助産婦一人もつかない。
そこへ「心音止まったの?」とのんきに小走りに先生がきて心音をみる。
分娩台まちの間に子宮口は全開していたようだ。

心音は微弱でとれた。止まりそうになったりゆっくり動いたり。
「赤ちゃんだいぶ弱ってるな。引っ張ろうか。押す人呼んできて」

押す人ってナニ???

私はもう正気の沙汰ではなく、促進剤と点滴と心電図と
鼻から酸素注入でからくり人形のようでして、
きばる力もございませんでした。
あれよあれよと助産婦が集まり、一人の助産婦が私の顔の前に
便所スタイルでまたがるという素晴らしい体制で、陣痛にあわせて
お腹を強く押すのである。そして下からは器具を差し込んで(これ、とても痛い)
赤子の頭をはさんで引っ張る!

痛い!痛い!!痛い!!!痛すぎる!

こんな痛み知らないdeath (痛いのはこの器具)

出産の時の痛みは「アソコからすいかが出てくる感じ」と言われるけど
こりゃ全く違う感じ。なんしか痛"い。痛いより上の言葉があればそれだ。

赤子自体は小さくて頭も小さかったので出るときは全くといっていいほど痛くなかった。
結局破水しなかった。赤子が弱っていたので先生もキビシーめだったけど
励ましてくれて力の入れ方をしっかり指導してくれた。
おかげでいきんだのはたったの4回で済んだし
台にあがって15分くらいで出た。胎盤出すのも縫うのも全然痛くなかったな。

ただ、3日間の陣痛はもう二度と味わいたくありません。


************************************************************

つわり(に気がつか)なかったから 3日で済んだといえばそうなのかも。

今もけっこう鮮明に覚えてるもんだな。

それにしてもあの時の無力な赤子の面影はもはや ありません・・・・。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/15(土) 23:28:47|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<この顔。 | ホーム | おうちごはん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/729-84a4ad45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな