心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ALI という映画

マルコムXをご存知ですよね。

キング牧師 と対照的な攻撃的なパフォーマンスで

黒人奴隷の実話クンタ・キンテの「ルーツ
を書いたアレックス・へイリーが「マルコム自伝」として発表し 
スパイク・リーによるその映画も超有名であります。
内容などは割愛しますが 彼に関わりのあった著名な人物達について。

モハメド・アリ
マルコムと出会い、その影響でイスラム教に改宗し 
カシアス・クレイから改名。ベトナム戦争への徴兵制度を拒否し
政府から王座の剥奪と4年の活動禁止を言い渡される。
しかし自身の意思を貫き、その後王座を自力で奪取した。

サム・クック
ゴスペル出身のR&B歌手でソングライティングもできた。 
当時の黒人のアーティストは根こそぎ白人の会社に
その著作権を奪われてきたが 彼は自身の音楽出版会社を設立、
自ら著作権を管理できた当時では稀な人物で
公民権運動にも積極的な関わりを持った、黒人の権利に対する
意識が非常に高かった音楽家。

この二人は1963年に出会う。
すでにレコード業界のアイドルであったサム 
とボクサー業界の熱き問題児。
アリがサムに抱いた憧れやお互いのその功績から 共感を得る。

1964年のソニーリストン戦で 
「俺は偉大だ!リストンなんか俺の敵じゃない!
世界最高の歌手、サム・クックをリングに!」アリは叫んだ。
映画「ALI」では、そのソニー・リストン戦当日
サム・クックのライブを伝えるMCの声から始まる。

モハメド・アリの映画がサム・クックから始まるのだ。

その対戦では勝利を収めたアリが 勝者インタビューの際、
イスラム教に入信している発表をしたが 黒人の活動家達は喜ばず、
これまで人種融和の政策のため 白人穏健派とともに築いてきた
その関係が破綻してしまうことを恐れた。
素直に祝いの言葉を口にできたのは
キング牧師と サム・クック 
他ごくわずかだった。
※映画「ALI」ではサムも歌手として出演、
マルコムの滞在するモーテルでその祝杯をサムとあげる場面がある。

このアフリカ系アメリカ人
マルコムX,モハメド・アリ,サム・クック
マルコムとアリはマルコムが尊師と決別したことで 一時衝突するが
その3大スターは密接な関係をより深めていった。
世界は違えど 黒人の権利を強く意識し活動した者たち。 

アリとサムが共同でレコードを録音する計画も立てられ、
そのプロジェクトにマルコムXが関わることも決まっていた。
しかし、1964年12月にサムはモーテルで射殺され、
その計画が実現することはなかった。

マルコムの暗殺の 約2ヶ月前のこと。

この後、独り孤独な戦いを続けてゆく姿とその苦悩が
映画「ALI」で描かれている。
65年のマルコムの暗殺と 公民権運動、
68年にはキング牧師の暗殺 
アフリカ系アメリカ人の 生き様がそこに詰まっているかのよう。

ウィル・スミスは見た目にも当時のアリに
ソックリに仕上がっていて驚いた人も多い。
ファンからは視線の運びなどがよく研究されていて大変好評だったが
他の役者が皆プロボクサーで、ウィル・スミスはロケの間、
コテンパンにやられたらしい。
小型カメラがこめかみにつけれらた撮影もあり迫力満点だった。

マルコムのいるアフリカへアリが訪れた前後の
事件の時期表示があいまいなことと
結婚生活の苦悩があまり描かれていなかった。

ちなみに配役が 
ウィル・スミスの奥さんが 一人目のアリの奥さん役
マービン・ゲイの娘さんが 二人目のアリの奥さん役
でした。

私はビデオも持ってるが 一人映画館でも見た。

男らしい映画が好きな方には 特におすすめ。

スポンサーサイト
  1. 2007/03/14(水) 00:47:11|
  2. 音楽とバンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<危ない。危なすぎる。 | ホーム | INDIA>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/81-9711bfee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな