心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知るのは自分の姿なり。


人間はこんな自分でも好きでいてくれる 必要としてくれる人と 
共に生きたいと思うのかもしれないなあ 

人間て 自然の中にある ちっぽけな生き物ですが
誰でも自分が一番かわいいわけで 自分のやってることは正当であり 
人並みもしくはそれ以上幸せになりたい と思ってる

そして その人生を一緒に生きる相手

自分を必要としてくれている誰かに対して その存在価値を
あって当たり前に感じてしまう時期も 訪れるときもあります。

たとえば 恋人であり 夫や嫁であり 子供であり 親であり 兄弟であり

すれ違いが続くと そう思います。

私の場合伴侶はいないので 当面の間は子供と2人で生きるということなり
お互い一緒にいて当たり前 イライラする時は当たり散らす相手になります。
心の底からむかつくし 感情を押し殺さなければいけない相手ではありません。

今は仕事場にボスの秘蔵っ子の玲史郎くんがいて
ああ 夫婦で子育てするとこんな感じなんやなあ なんて眺めてて
私はやっぱり子供によく 当たり散らしてたなあ と反省しきりの毎日です。

正直、両親の病気はきつかったです。
介護っていうのは重度になれば楽しめない。
さらに息子は3歳、反抗期が真っ只中でした。

やっと最近 落ち着いてるような気がする瞬間が増えてきてますが

怒りたおしてようやく今に至ります。
あまりのイライラにたいてい怒りすぎてきました。
それでもしがみついてくる息子。
初めは私の怒りを治めようと必死になり
そのうち泣きすぎて なんで怒られてたのか分からなくなり
それでまた怒られて 思い出し泣くけれどもまだ必死にしがみつく。 

理不尽なことで怒ったことはあんまりないと思うけど
基本 悪いことに対してババ怒りっていうのが日常的で
元々 怒らない方の性格な私をここまで怒らせるか!と思うくらいでした。

言うことを聞かないので 例えばパチンとやったり 
他の家庭で見た 威圧して、ルールとして覚えさせようとした時もありましたが
今は息子はなぜそうなるのかを説明すれば どうやら分かるらしい。

そんな歳になってきたのかなあ。

それとも私が息子の性格に慣れてきたのだろうか。

いつのまにか 時はあっという間に過ぎて 
どうなっていくのやろうと思いながら もう大人並みに話も出来、
ご飯も食べ、考えたり、動いたりしてる。

なのに私は前と変わらず ちょっとカチンときたらすぐブチ切れ。
子供の方は変わってきているのやから そろそろ変えやな。

子育て? というか 子供と生きる 

知るのは自分の姿なりです。


スポンサーサイト
  1. 2010/04/27(火) 23:01:20|
  2. 息子の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハイデホ。 | ホーム | The bells>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/841-980a6065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな