心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記憶。

12年くらい前に、初めてバンドを組んだ。(28歳くらいの時)

そのバンドのメンバーが久しぶりに集まった。

久しぶりの場所。

思い出の場所に。
歌を始めてしばらくして バンドに参加 そしてライブ。

とあるライブハウスで主に根を生やし マスターとオトモダチになり
英語の堪能なマスターに「外国人のお客さんの前で通じるように」と英語の歌の指摘を受け、
最低でも月に2回、ジャズナイトとバンドで出演させてもらってて ギャラまでいただいてた。

子父と知り合った場所でもあり それなりの思い出もたくさんあった。

子父が私だけでなくその場所にも、おそらく他の関西の彼の関係者にも連絡を絶ち、
失踪したことを聞いて すごく行きにくい状況になってしまってた。

すごくお世話になってたのに。

私が最後に行ったのは 子父が参加してたバンドの自分のライブ、
妊娠が発覚した次の日 忘れもしません2月11日です。

マスターには「ワケあってシングルマザーになるのでバンド脱退します」と その後連絡だけ入れた。

そして・・・・

月日が過ぎ またバンドを始めることができたけれども 
時々そのお店からいただく葉書にメールで
「すごく行きたいけど 行ける状況になくて・・・また行ける日が来たら 必ず伺います。」とだけ答えてきた。

当時は「君の友達には話していい、でもバンドメンバーとマスターにだけはもうちょっと待って」
子父に言われ続けて 付き合いを隠してバンドを続けていたので
それのすべてを説明する準備ができているだろうか。
考えると キモチの整理も中途半端なので 行けずにいた。


それが 最近になって そのお店にご無沙汰しているヤツがもう1人いることに気づいた。

よく飲む仲間なんだけど。私よりもマスターと仲良しなのに 理由あって行けてないヤツが!

ご無沙汰 なだけで行きにくいんじゃなくて そこに理由があったから行けてない。

そんなワケありの人間2人 行きたいのに行けなかった2人が勢いついて一緒に行くことになった。

この2人で行くなら是非呼びたいと思うメンバーが2人もいた。

ということで そのアホ酒飲み仲間 4人で 私は6年ぶりにそのお店を訪問した!


私は子連れだったもんで 集中してマスターと込み入った話はしてなく
もう1人のご無沙汰の連れが すごく久しぶりでマスターも嬉しそうに話していた。

純粋に会いに行った。顔を見に行って帰ってきた。そんな感じ。



そこでひとつ 分かったことがある。

子父といろいろあったから 行けてない場所だったけど
そこは 子父と出会う前から長年ライブのために通ってた場所で
初めてお客さんを呼んで自分達のライブをやった記念すべき場所で 
ベロベロなメンバーと足をひきずり呑みに行ってた場所。
マスターと何度もお酒を一緒に店の外に呑みに出かけたり
お店のいろんな内輪話を聞かせてもらったり
お互いの結婚や離婚について語りあったりと 

子父よりもマスターやバンドメンバーとの思い出の方が 私の記憶の中を占めていたことだ。

行ってまた子父との愛憎劇を思い出してしまうだろうか 
まだ吹っ切れてないかもしれないわ と思っていた。
でも私が子父のこと抜きで ここに来ていた記憶の方がはるかに多かった。

マスターが来て顔を見てみんなで乾杯。
久しぶりの顔が揃って キモチは懐かしさいっぱいになった。

息子が眠そうだったので早々に引き上げたので あまり話ししてないけど

諸々の話はまた今度別の機会に是非聞かせて と言われた。



友達というより 同じ釜の飯を食ってきたような感覚の仲間(ホントには釜飯食べてないけど)のような・・・
このメンバーとだから行けた。



行ってよかった。



短い時間だったけど 楽しかった。



そして 呑みすぎた。



ご飯食べずに息子とそのまま泥睡した。




5時に腹ペコで目が覚めた。




焼きそば UFOを食べた。




うわ こんなこと昔よくやってたわ またと思い出した。




昼があけた頃 ようやく酒が抜けてきた。




店に残ったメンバーの生存確認のメールをした。




たぶんまた行くであろう。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/19(土) 23:52:23|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英語のスクールへ行き始めました。 | ホーム | 読み、書き。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/891-f258eb15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな