心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プチ・ハッピー

ID 持って長いんだけど Face book 長らく使ってなくて

最近 英語の勉強サイトで知り合った人が ミュージシャンでいい人だったので

お互いのコンタクトや情報をとるのに

Face bookを活用しようと 久しぶりにログインした。

そしたら・・・・・・・・・・・・・

もう何年も前に 何年もペンパルでいた人からリクエストメッセージがきてた。


当時はサルティンバンコのエンジニアとしてカナダから来日していたんだけど
私が毎週やってたライブの場所に遊びに来ていて 
ライブを気に入ってくれてお友達になり 毎週遊ぶようになった。

サルティンバンコを見に行ったときはバックステージまで案内してもらって
そこにいたスタッフのおおまかな主要メンバー全員を紹介されて
手厚くもてなしてもらって 楽しく時を過ごし

ライブには 毎週 たくさん友達を連れてきてくれるようになって
サルティンバンコのステージの プロミュージシャンも連れてきてくれて
セッションライブになったりと 素晴らしい思い出があった。

ペンパル友達は今までいた。

でもこの人は特に優しくて礼儀正しくて義理がたい、心地よい人柄で 
この関係はずっと続けられたら嬉しいと思っていたんだけど
彼が仕事を変えるかも ということを聞いたあとすぐ サルティンバンコで使っていた
メールアドレスが無効になってしまったようで 届かなくなってしまって

ああ いよいよ切られたかなあ なんて思っていた。 

Face book に私が登録したのは その昔のアドレスで
そこから発見してもらえたみたいで 
何かのトラブルでデータがなくなって、アドレスも変更になってしまってたらしい。

今はシルク・ド・ソレイユの公演でマカオにいる 
ということで 仕事も一度やめたのかもしれないけどまた続いていた。

そして 私も歌を続けていた。
アドレスは覚えてないだろうから プロフィールで見つけてもらえたんだと思う。

歌を続けていなかったら 見つけてもらえなかったな きっと、

と思いながら 久しぶりに写真などを見ていろんな思い出が蘇ってきた。

あ そーだ 大阪にいた時に来てくれていたライブハウスも 

先日マスターに会いにいった、思い出のある、あの場所だ。



思い出は その関係がつながっている方が 楽しめる。

海の向こう、同じ空の下 いい思い出を共有した友達から

久しぶりの再会メッセージをもらってプチ・ハッピーな 1日でした。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/12(木) 00:40:58|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<現在の恋愛観 | ホーム | 豚足のような足は>>

コメント

みんな好きよなぁFace book

ネパリに誘われ、登録だけして写真UPしとらんが
ぞろぞろとネパリやら昔の友達が出現する
一番衝撃的だったのは、ネパリ友の子どもたちが
すっかり高校生やら大学生になっていたこと
みんな赤ん坊の頃から面倒みてやってたのに
すっかり大人になってたわ(ToT)/

しかし、おかしなもんでmixiやらニックネームの人もみんな思いっきり本名登録よな(^^;)
  1. 2010/08/13(金) 14:13:54 |
  2. URL |
  3. panda #V9zjzPOY
  4. [ 編集]

そうだね

あれって本名登録しといて 知人だけと伝達するみたいな
ところなんだよねえ だから悪い事できないみたいな?
MIXIも最初そうだったんだろうね もうなんでもありだけど・・・

Facebook はカナダ人友に誘われて(招待じゃなくて)登録して
リクエスト出してるのに そのカナダ人はログインしておらず
友達がいないまま4年くらい経ってたわ。

私も苗字が変やから 到底本名とは思われないので本名で登録してる。
検索したら出るかな?気が向いたら覗いてくれい。




  1. 2010/08/13(金) 21:26:23 |
  2. URL |
  3. チエコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/916-de2ea5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな