心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

糖尿再発。

ライブから息つくヒマもなく 次のリハーサルが明日です。ブランコモンキッキ。

それでも好きなことが できる時間が増えるということは 幸せな事です。

とは、逆に、婆さんの病院から連絡が。
血糖値がまた先週のライブの日から急にあがり、400近くいってます。

前回はあらき家さん企画の富山へ小旅行の時に 救急で病院に入りました。
今回はお腹にインシュリンで対応して様子をみていて 今300代の前半におちてきました。

糖尿は治ってます と言われ 普通食になっていたのを糖尿食に戻りました。
私は普通食には戻さないでほしい と一応言ってましたけど普通食になった。
でも一度なったら 数値はさがっても体質は元に戻りやすい状態にありますって先生。
だったら 糖尿食にしといてくれたらよかったのでは?

熱が出るだけでも 梗塞を起こす危険があるので注意しなくちゃいけない患者ではある。
でも 体が動かないことのストレスと ヘルパーさんや入所者さんの相性の悪さで
すっかり減らず口になってしまい 体の異常を訴えて呼んでも無視される傾向にあります。

左脳が生きているので 会話はまだちゃんとでき、記憶もしっかりしてます。
でも見舞いに行くたびに どうも視力が落ちていたり
(シルエットとか勘だけで見ているような感じ) 
読める字が読めなかったり 動かせなかった左足をいつのまにか
足を組み替えていたりと 一進一退を繰り返しています。

婆さんの最近の担当はフィリピン人のヘルパーさん。この前の見舞いで挨拶しました。

わがままになってしまった婆さん。
でも言葉の通じるはずの日本人ヘルパーの言葉に温かみはなく、
外国人ヘルパーさんの方が親身で 優しくて好きなんだそうだ。
ヘルパーさんには申し訳ない気持ちにもなるし、かといって家では絶対にみてあげられない。

爺さんは よく通ってますが 家族が放置されている方も多くやっかみが入るのと 
家族に助けを求めて 自分で何もやらなくなると 筋肉が退化するので
本人のために 頻繁な見舞いの手助けはご遠慮くださいと言われました。

靭帯のこともあって見舞いにいけなかったので 爺さんがいるときに電話に代わってもらった。

でも「受話器が重い もう喋りたくない」と私が話ししている最中に電話を布団に置かれた。

何を話ししたいわけでもなかったけど 励ますつもりで話していたのに。

そんなこんなで あまり書いてませんけども 

去年の5月、肺炎 ~脳梗塞の再発 
         ~回復の経過をみながら転院 
         ~とりあえず回復、施設(老人保健施設)へ転院

現在 その施設ではいろんな事が起こっています。

消耗品の盗難(これが、よくあります)、衣服のすり替え、皮膚病、伝染病、
臓器不良のため腹痛で救急、けっこうひどい大腿部の火傷、
大量の目やにのため眼科診察、(→糖尿病の影響とされた)

そして今回の糖尿再発。

400近くの数値は深刻です。
脳梗塞で最初に病院へ運ばれた時の数値と同じくらいです。

家族にできることは 投薬に関する承諾しかないんだけど。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/23(木) 02:09:47|
  2. 日記とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いつのまにか。 | ホーム | ライブの後は・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/935-a43f0446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな