心は錦。

大阪在住の歌い手。いろいろありすぎな人生盛りだくさんを綴る。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

息子のえーご

もう年内は保育園の和太鼓の予定が入ったので早々に終わっていてそれの最後に
担当の先生に聞くと 英語を話そうという気配がでてます とのこと。
理解度の高い子と まったくの初心の子とクラスを分けたそうです。

英語で聞かれた内容に対して、日本語でその答えを返していたのですが
長い文章ではないけど とりあえず返事を英語でするように意識しはじめた とのこと。

家では 爺さんに対しては英語は言いませんが私には ちょくちょくでます。
で テレビからなのか、私が使わないこともちらっと言うし

「えっ こんなこと覚えてんの?」という会話が多く

ああ 私の話はずっと聞いていてくれたんや っていまさらながら
自分の努力が報われつつある今日この頃です。

私が英語の上級者なら おそらく大した努力じゃないわけで
私が赤ちゃんに使うための英語を家で 
一人で初歩からやってきたものでけっこうなストレスが続いてました。

保育園に行って もう完全に日本語だけになり、英語拒否する日もあったけど
私が両方使う生活が 私自身当たり前になっていたのでやめず 今日に至ります。

トギは私と同じでフレーズを丸覚えしているタイプなので 
応用の会話とかスラングは難しいと思うけど
英語の番組を英語で見て、日本語に切り替えて見た後は また英語も見て覚えてます。
自分で両方見たがるので 見せてます。
だってカートゥーンの会話なんていちいち教えられないし 
私も意味わからないこといっぱいあるし 見てもらった方がたぶんはやい。

いつからか持ってた自分の中の目標は

「スクールに行かずに英語を話せるようになる」でした。

赤ちゃんに使う生活英語をやってきたおかげか 
今までは独学でやってきました とスクールで言うと先生も生徒さんも驚いてくれます。

それは貧乏だからの裏返しですけど 
もし移住なんかできる状態ならもっと集中してできたのかもしれない。
でも自分におかれた状況なのだから仕方ない。

最近はそれがしんどかったけど かえってヨカッタんかな って思います。

音楽はずっとやってきたけども英語については 
トギ相手に練習し、一緒にやってきた感がある。

トギは 人から「英語しゃべって!」と言われても喋ろうとしない。
別にそれでいい。日本人にはちゃんとした日本語でのやりとりができたらいい。
英語がわかることを自慢にしなくていい。
バイリンガルになってほしいというより、外国人を別世界の生き物として捉えないこと。
世界の公用語を自分の中でも使えることを自分が意識してくれたら それでいい。
国境を越えても友達になれることを肌で知ってほしい。

サタデースクールの長時間を行かせたいけど 高くなるし
そのスクールにいろいろ要望を出しているところです。

例えば、公園で遊ぶ時に先生は子供達を放ち、真ん中で居場所を把握するだけ。
それでは 子供達は日本語で遊ぶから その公園の一時間 英語漬けか?って言ったら違う。
子供達が喜ぶ公園遊びを利用しない手はないのに やってないから
校内ではどうなんだろう?とちょっと疑問で 具体的な例でそれの要望を出してる。
モンスターペアレントに思われようが 実際ずっと一人で家でやってきたから
その苦労も理解しているし 教育者に対してお金を払う立場になるなら言える。
先生の積極的なアプローチなしでは 会話力は絶対に生まれない。

スクールは決して安くない。小学校に入るまでの1年間を予定している。

実際サタデーの子達は英語はあまり口にしないようで
トギは「みんな英語じゃない・・・」って言っている。
その中でも頑張れ 英語で返したら英語で先生も返してくれるし
間違ったら教えてくれるし トギの英語は伝わるから大丈夫 って言ってスクールへ送る。

週に1回通ったところで 言葉は身につかない。
かといって月10万払って プリスクールに通わせるのも不可能(家賃並だ・・・)
日本の文化教育も私は優先したい。

今の保育園は満足してます。あと1年、年長組 どれだけ成長してくれるかな。
先生方の頑張りがよく分かるし 日本文化を教えてくれているな って思うし。
親が子供の頃聞いてきて知ってる歌とか 歌ってるから嬉しくなります。

えーごの方は まあ ゆるやかにですが進んでる。
サタデースクールが どう影響するか 今後の楽しみでもあります。

スポンサーサイト
  1. 2010/12/28(火) 12:31:13|
  2. 息子の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書き方 | ホーム | 飲み会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiekokuroiwa.blog90.fc2.com/tb.php/975-b6515cdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

チエコ 

Author:チエコ 
8歳の息子のこと、仕事と歌の活動、
両親の介護、やることテンコ盛りでした。
波乱気味の人生を 熱き血潮の友に
恵まれて這うように生きてまいりました。
読み逃げ歓迎、ごゆっくりどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

★Recommend site★


何気に渋い男のwork wear。



N.Y. のライター・堂本かおるさんのハーレム事情
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
漫画で語学だよ。

予約宿名人
お宿の料金自分で決められるとな